ゆらぎによる街路景観の定量評価と心理評価との関連性に関する研究 : カラー画像を用いた街路景観の評価 A study on relationship between the quantity evaluation and psychology evaluation of streetscape by fluctuation : An evaluation of a streetscape using the color picture

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では、2通りの方法を用いて、カラー画像による街路景観の評価を行った。1つ目の方法として、ゆらぎ理論を用いた定量評価を行い、つ目の方法として、SD法と因子分析を用いた心理評価を行った。各評価を行った後に、それらの関連性について分析した。その結果、定量評価では、樹種の違いが評価に影響を与えること、心理評価では、樹種の違いと幅員の違いが評価に影響を与えることが明らかとなった。また、定量評価でのゆらぎ値が-1の値に近づくほど、心理評価での因子得点が高い値を得る傾向がみられた。

In this study, we evaluated the streetscape with two methods by using the color pictures. One is the quantity evaluation which use the fluctuation theory, the other is the psychology evaluation which use the SD method and factor analysis. In addition, we examined those correlations. Result from the study showed that we clarified the difference of the tree kind influenced in the quantity evaluation, the difference of the tree kind and street width influenced in the psychology evaluation. In addition, we clarified the tendency that the more fluctuation approached -1, the more the factor score rose.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 7-12, 2006-10-25

    社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  12件中 1-12件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314494
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565858
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ