富士五湖地域における観光客の情報利用と周遊行動との因果構造分析 Casual Analysis on the relationship between excursion behavior and Information Usage in Fuji Five Lakes Area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究は,富士五湖地域を取上げ,観光客の情報利用と周遊行動のデータを用い,それらの因果構造について仮説を設けて仮説検証を行った.まず,周遊行動中における情報利用の程度は空間特性といえる訪問エリアと共に,周遊行動開始時刻,帰宅行動開始時刻,地域内の総滞在時間といった時間特性などへ肯定的な影響を与えている因果構造が明らかになった.次に,観光客の属性と旅行形態などの変数は地域認知度に直接影響を与え,その一方で情報利用と周遊行動には地域認知度を介して間接的に影響を与えていることがわかった.またこれらの結果から,既存の周遊行動のモデルの同定化に対しては,観光客の情報利用そのものをダミー変数などで考慮する枠組みではなく,スケジュール段階で情報利用に対する地域認知水準と周遊行動中に利用する情報利用程度を定量化する必要性が確認できた.

While tourist has a variety of needs to get information and make a decision about their excursions in sightseeing areas, it becomes one of important subjects to identify the causal relationship between their excursion patterns and the obtained information. The relationship of information usage and excursion behavior was confirmed by using the structural equation model: information usage at the scheduling stage has an impact on tourist individual's Cognition for the sightseeing area, tourist individual's Cognition affects information usage at excursion stage, information usage at the excursion stage affect behavior of excursion. Therefore, modeling of the excursion behavior should consider the relationships mentioned above.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 13-18, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  18件中 1-18件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314507
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565859
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ