公共交通利用促進のためのポイント制度の評価に関する研究 : 名古屋市における交通エコポイント社会実験から Investigation of the User's Responses toward the Point Program to Promote Public Transportation Usage : 'Travel Eco-point' Social Experiments in Nagoya

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

モータリゼーションや自動車依存型の都市構造によって引き起こされる交通渋滞や環境問題等を解決するためには公共交通の利用促進が不可欠である.本研究は,ポイント制度を公共交通利用に対して適用した,新たなTDM施策である「交通エコポイント」について,名古屋市にて行われた社会実験の概要およびその結果を報告する.さらに,望ましい交通エコポイントシステムに関する知見を得るために,市民が望むエコポイント施策のサービスレベルについての分析を行った.社会実験の結果から,交通エコポイントにより交通行動が変化し,また,参加者の受容性は極めて高いことを確認した.サービスレベルに関する分析では,何らかの還元サービスは必要であるが還元率はそれほど重要ではなく,また,自治体による環境活動の代行など,交通エコポイントを通じて環境改善に貢献することを望んでいることなどが明らかとなった.

Promoting public transportation usage is crucial in order to solve problems such as traffic congestion and green house effects caused by motorization and car-oriented urban structure. This paper introduces a new TDM measure called 'Travel eco-point' program, in which one can acquire points when he/she uses environmentally friendly transportation system (e.g. public transportation) and can exchange the accumulated points to incentives for further eco-friendly travel behavior (e.g. provision of free rail tickets), and then reports the result of social experiments conducted in Nagoya. Furthermore, we investigated user's preferences toward the eco-point program and found that people seem to prefer the program through which they can return their profit to environmental improvement as well as the program with high refund rate.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 25-30, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314544
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565861
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ