CVMを用いた鉄道駅施設のバリアフリー化に関する直接的利用価値とオプション価値の分析 Analysis of the direct use value and the option value of the barrier-free maintenance for station facilities by CVM

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究の目的は、高齢者と身体障害者を対象とした鉄道駅施設のバリアフリー化の価値を、直接的利用価値とオプション価値として、算出することである。はじめに、鉄道駅施設のバリアフリー化に対する支払意志額(WTP)を調べるために、アンケートを用いた調査を行った。次に、指数関数型の需要関数を仮定することによって、平均支払意志額を推計した。その結果、高齢者を対象とした鉄道駅施設のバリアフリー化においては、直接的利用価値として算出したエレベーターの設置とエスカレーターの設置が最も高い値となった。障害者を対象とした鉄道駅施設のバリアフリー化においては、オプション価値として算出されたエレベーターの設置が最も高い値となった。

The purpose of this study is to calculate the value of barrier-free maintenance of railway station facilities for elderly and handicapped persons, as a direct use value and an option value. First, the questionnaire survey was executed to examine the willingness to pay (WTP) for barrier-free maintenance of railway station facilities. Next, we assumed the demand function of exponential type, and then the average of WTP is calculated. As a result, in the case of the barrier-free maintenance for elderly persons, a direct use value of elevator and escalator became highest value. In the case of the barrier-free maintenance for handicapped persons, an option value of elevator became highest value.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 37-42, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  11件中 1-11件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314559
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565863
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ