デマンドバス導入のための需要予測と運行形態の評価に関する一考察 Consideration on Demand Forecast and Evaluation of Operation Type for Introduce DRT

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

地方都市においては,バス事業者の撤退に伴い公共交通の空白地帯が発生している。その対策として,行政は,市町村乗合バスを運行しているが,バス利用者の減少を食い止めることは出来ない状況にある。近年,各地域で運行され始めたものの一つにデマンドバスがある。デマンドバスは従来の路線バスの特徴である定時・定路線型から,利用者の需要に応じて時間と路線を柔軟に対応したサービスを提供することが可能である。本研究は,今後デマンドバスの導入を計画している多くの自治体が直面するであろう課題について調査検討を行ったものである。具体的な内容としては,デマンドバスの運行実態と運行経費に関する検討。デマンドバス利用者の需要予測とデマンドタイプ別の評価である。以上の検討結果,時刻非固定,路線非固定(ダイナミックタイプ)の導入が利用者と事業者にとって効率性が高いことが明らかとなった。

With the decrease in the bus useers, the disuse of the bus routes increases in many local regions, and the security of the public transportation becomes the difficult for the aged persons. At present, the introduction of the Demand Responsive Transport(DRT) is advanced in many regions. It is possible that the DRT flexibly corresponds the time and the route in the proportion to the demand for the users. In the DRT, there are three tipes which are the route deviation type, the semi-dynamic type, and the dynamic type. Especially in this study, the semi-dynamic type is compared with the dynamic type. The research are as follows; (1)From the investigation for the local government where the DRT is operated, and the demand forecast model of the DRT was made. (2)The simulation model is developed in order to examine the difference by the operation type of the DRT. As the result, it became cleare that the dynamic type is higher the convenience than the semi-dynamic type for users.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 55-60, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  9件中 1-9件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314586
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565866
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ