コンパクト化を踏まえた都市部におけるバスターミナル整備効果分析 An analysis of the bus terminal improvement effect in the city part based on compaction

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

一般に、バスターミナルは駅前広場を構成する一要因であるが、形状は駅構内及び駅前広場設計の全体構成に強く依存しているため、設計面における自由度は低い。 そこで本研究では、バスターミナルのコンパクト化の概念の整理を行い、その概念を用いて渋谷駅東口バスターミナルを対象に整備代替案を設定し、整備効果について仮想市場評価法(CVM:Contingent Valuation Method)を用いた定量的評価を行った。さらに、渋谷駅東口バスターミナルを対象に、その概念を用いた整備代替案を設定し、代替案における整備効果について、評価項目を選定し、CVMにより定量的評価を行った。その結果、算出した便益は市場財と比較して、ほぼ同額であることが明らかとなり、非市場財の効果を計測し、整備効果を分析することが重要であることを示した。

A bus terminal is an important traffic nodal point which connects different traffic mode in the city central part, and the form is an important element which influences the traffic convenience in a city part. Therefore, in re-distribution of the space accompanying improvement of a station square, evaluation of form selection is called for about evaluation of bus terminal improvement. A viewpoint important when considering the form of a bus terminal is "miniaturization." It is necessary to consider a bus terminal improvement based on the level of miniaturization. The Shibuya station east gate bus terminal is made into a case study, this study estimates the miniaturization improvement effect of a bus terminal quantitatively, and the validity of the miniaturization is shown.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 61-66, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  10件中 1-10件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314596
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565867
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ