沿線地域の土地利用効率化が札幌市営路面電車の利用促進に与える影響 Effect on Promoting Use of Streetcar by Efficient Land Use on a Railroad in Sapporo

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

わが国の地方都市では、モータリゼーションの進展と都市の郊外化により、中心市街地の空洞化が進んでいるところが多い。このことについて、公共交通指向型都市開発の考え方に基づいて、路面電車やLRTを生かしたまちづくりが注目されている。札幌市の路面電車は、利用者の減少によって厳しい経営状況にあり、存続か廃止かについて議論され、札幌市長は2005(平成17)年2月、存続させることを表明した。この表明を受け、札幌市では路面電車の活用方策についての検討が進められている。路面電車の利用者数は、サービスレベルとともに、沿線地域の交通の発生・集中に起因する。つまり、沿線地域の土地利用が有効になされていることが重要である。しかし、札幌市は都市の郊外化に伴って、住宅の空き家率、オフィスの空室率が高く、必ずしも有効な土地利用であるとは言えない。本研究は、沿線地域の土地利用の効率化が、札幌市の路面電車の利用促進に与える影響を明らかにすることを目的とする。特に、空き家・空室に着目し、効率的に有効活用ことで路面電車の利用促進にどの程度寄与するかを明らかにするものである。

In local cities of Japan, central city has become hollowed out because of motorization and suburbanization. Renewal of urban area using streetcar or Light Rail Transit, based on Transit Oriented Development, has gotten a lot of attention recently. In Sapporo, the streetcar ridership has been decreasing and it is in unfavorable business condition. After the discussion whether streetcar should be abolished or continued, the mayor of Sapporo decided to continue it. Strategy of promoting use of streetcar is presently being studied in Sapporo. The purpose of this study is to clarify effect on promoting use of streetcar by efficient land use on a railroad. Data Envelopment Analysis is applied for efficiency evaluation of streetcar ridership and land use.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 73-78, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

被引用文献:  3件中 1-3件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314618
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8576666
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ