商店街の自動車流入規制に対する商店主の態度変容分析 : 自由が丘商店街における歩行者調査データ提供による心理効果 An analysis of attitude change of shop keepers toward car restriction in shopping area : a psychological effect of provision of pedestrian survey data in Jiyuugaoka shopping area

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

本研究では,商店街における自動車流入規制に反対意向を表明している商店主は,「商店街活性化に対して自動車規制が肯定的な効果を持ちうる」」という事実を十分に認知しておらず,それ故,その事実を認知すれば自動車流入規制,あるいは,歩行者天国施策に対する態度が肯定的な方向に変容する可能性が存在しうるものと考えた.そこで,本研究では,他の文献により報告されている実証データを商店主に提供することで,商店主の歩行者天国への賛否における態度変容がおきるか否かを検証することを目的とした調査,分析を行った.その結果、本研究の仮説が支持されるという結果を得ることができた。本研究で活用した歩行者意識を計測するための歩行者調査,あるいは,そこで見いだされた実証的知見を商店街に提供していくという取り組みは,商店街における歩行者天国の導入,あるいは,見直しにむけた様々な取り組み一つとして,一定の有効性があるものと考えられる。

Since 1960's, Motorization continues in Japan. It brings various merits for our life, but also brings a lot of demerits such as traffic congestion, traffic incidents, environmental problems, and declination of shopping area on city center. In this study, we focused car restriction of shopping area to activate city center. We hypotheses that shop owner whom voice in the negative about car restriction does not know the fact such as "pedestrian desire car restriction", so the information of the fact would given to them, then their attitude towards car restriction would change as those in the positive. We did before and after surveys to verify this hypothesis, and the results of analysis suggested the hypothesis.

収録刊行物

  • 都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning

    都市計画. 別冊, 都市計画論文集 = City planning review. Special issue, Papers on city planning 41(3), 115-120, 2006-10-25

    公益社団法人 日本都市計画学会

参考文献:  6件中 1-6件 を表示

被引用文献:  2件中 1-2件 を表示

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018314712
  • NII書誌ID(NCID)
    AN10276504
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09131280
  • NDL 記事登録ID
    8565875
  • NDL 雑誌分類
    ZD1(経済--経済・経済事情) // ZN5(科学技術--建設工学・建設業--都市工学・衛生工学)
  • NDL 請求記号
    Z3-992
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ