直立超格子による有機ELナノ構造設計 Design of Nanostructure for Organic EL by Vertical Superlattice

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 平本 昌宏 HIRAMOTO Masahiro
    • 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻物質生命工学コース Graduate School of Engineering, Osaka University
    • 團野 まり DANNO Mari
    • 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻物質生命工学コース Graduate School of Engineering, Osaka University
    • 横山 正明 YOKOYAMA Masaaki
    • 大阪大学大学院工学研究科生命先端工学専攻物質生命工学コース Graduate School of Engineering, Osaka University

抄録

直立超格子を用いたナノ構造設計のコンセプトに基づいて, 2.0nmまでの設計を行ったELデバイスを作製した. 電荷分離型と井戸型エネルギー構造を作製し, 2.0nm幅の直立超格子において, 電子-ホールの空間的分離と閉じ込めを実験的に確認した. 今回の技術は, 多種多様な材料からなる設計されたナノ構造をもつ新しいオプトエレクトロニクスデバイスの作製に応用できる.

The possibility of design to the 2.0 nm scale based on a concept for the design of nanoscopic structures <i>via</i> film thickness control was demonstrated. We fabricated sandwich-type EL cells incorporating organic vertical superlattices by using a microtome. Charge carrier separation and confinement in vertical organic superlattices of 2 nm layer width were experimentally confirmed. The present technique can be applied to the fabrication of novel optoelectronic devices with designed nanostructures that are composed of various kinds of material.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(10), 670-674, 2006-10-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  6件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018319031
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8570521
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ