可溶性トリス(8-キノリノレート)アルミニウム含有デンドリマーの発光特性 Photoluminescence Characteristics of Dendrimers Containing (tris(8-hydroxyquinoline)aluminum) as a Core Unit

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 古酒 慎也 FURUSAKE Shinya
    • 千歳科学技術大学光科学部物質光科学科 Department of Photonics Materials Science, Chitose Institute of Science and Technology (CIST)
    • 丸山 純夫 MARUYAMA Sumio
    • 独立行政法人 物質・材料研究機構(NIMS) Biomaterials Center, National Institute for Materials Science (NIMS)
    • 雀部 博之 [他] SASABE Hiroyuki
    • 千歳科学技術大学光科学部物質光科学科 Department of Photonics Materials Science, Chitose Institute of Science and Technology (CIST)
    • 安達 千波矢 ADACHI Chihaya
    • 千歳科学技術大学光科学部物質光科学科 Department of Photonics Materials Science, Chitose Institute of Science and Technology (CIST)

抄録

本報では, 可溶性トリス (8-キノリノレート) アルミニウム含有デンドリマーの発光特性について報告する. トリス (8-キノリノレート) アルミニウム (Alq<sub>3</sub>) およびその誘導体は有機ELデバイスにおいて代表的な電荷輸送材料および発光材料として知られているが, 溶解性の低さから真空蒸着法を代表とする乾式法においてのみ用いられてきた. 今回報告するAlq<sub>3</sub>含有デンドリマーはデンドロン部に可溶性に富む分子骨格を有するため, 塩化メチレンなどの凡用有機溶媒に可溶である特徴を有する. 本研究では, 2種類のデンドリマーおよびデンドリマーを構成するデンドロンおよびコア単体 (AlClq<sub>3</sub>) について, 希薄溶液中での吸収, PLスペクトルおよび発光寿命を測定した. また, デンドリマーをポリメタクリル酸メチル (PMMA) 中に分散させたスピンコート膜と単独スピンコート膜においても同様な測定を行った. これらの光学特性から発光部位のπ共役系を帰属し, π共役系はAlq<sub>3</sub>部分からデンドリマー全体には広がらず, デンドロン部からコア部のキノリン配位子部分に局在していることが示された. また, デンドリマーは固体薄膜においてΦ<sub>PL</sub>=20~40%の比較的高いPL量子効率を示したものの, ELデバイスではΦ<sub>EL</sub>~10<sup>-2</sup>%のEL量子効率に留まった.

We report on photoluminescence (PL) characteristics of dendrimers having (tris(8-hydroxy quinoline)aluminum) (Alq<sub>3</sub>) as a core unit. Although Alq<sub>3</sub> derivatives are generally insoluble, the dendrimers were soluble in conventional organic solvents due to the presence of bulky dendron. We measured the transient PL and absolute PL efficiency of the dendrimers, dendron and AlClq<sub>3</sub> (core unit), and we clarified the location of π-conjugation, which is an origin of PL. The PL characteristics indicated that π-conjugation in the dendrimers is localized between a dendron and a quinoline ligand. Although the PL efficiencies are Φ<sub>PL</sub> = 20-40% in their solid films, the EL efficiencies are limited to Φ<sub>EL</sub>∼10<sup>-2</sup>%.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(10), 675-680, 2006-10-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018319038
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8570528
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ