シロキサン化合物をホスト材料として用いた青色有機ELデバイスの素子特性 Organic Blue Electrophosphorescence Using a Cyclic Siloxane Compound as a Host Material

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

筆者らは, 青色リン光材料をゲスト分子として用いた有機EL素子において, 高効率青色発光を得るためにπ共役系の短いシロキサン化合物であるHexaphenylcyclotri siloxane (DPSiO<sub>3</sub>) をホスト材料として試みた. この材料をEPA溶液に溶解し, T=77Kにおいてリン光スペクトルを測定したところ, DPSiO<sub>3</sub>のリン光スペクトルはベンゼンのリン光スペクトルとほぼ同じ波長領域 (λ<sub>onset</sub>~350nm) に観測され, これらの化合物は本質的にベンゼン環にπ電子系が局在していることが示唆された. Iridium (III) bis (4,6-di-fluorophenyl) -pyridinato-<i>N</i>, <i>C</i><sup>2</sup>) picolinate (FIrpic) をゲスト分子としたEL素子において, DPSiO<sub>3</sub>をホストとした素子では最大η<sub>ext</sub>=11.1%の外部EL量子効率を得ることができた.

In organic blue electrophosphorescence diodes, we used hexaphenylcyclotrisiloxane (DPSiO<sub>3</sub>) as a host material aiming for high efficiency blue electroluminescence (EL). The phosphorescence spectrum of the siloxane compound was measured at T=77K in an EPA solution and the results well coincided with those of a benzene solution, indicating that the π-conjugation of DPSiO<sub>3</sub> is basically localized in a benzene ring. In the OLED devices with DPSiO<sub>3</sub> as a host, the maximum external EL efficiency of η<sub>ext</sub>=11.1% was obtained with iridium (III) bis (4,6-di-fluorophenyl) -pyridinato-<i>N</i>, <i>C</i><sup>2</sup>) picolinate (FIrpic) as an emitter.

収録刊行物

  • 高分子論文集  

    高分子論文集 63(10), 686-690, 2006-10-25 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018319064
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00085011
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03862186
  • NDL 記事登録ID
    8570576
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-92
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ