製造工程がヤマモモ葉茶のアスコルビン酸含量, ポリフェノール含量およびラジカル捕捉活性に与える影響 Effects of manufacturing process on ascorbic acid contents, polyphenol content and radical scavenging activities of bayberry leaf tea

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ヤマモモ葉を用いて製造試験を行い, 製造方法の違いによるアスコルビン酸含量, ポリフェノール含量およびラジカル捕捉活性の差異を検討した。その結果, 以下のことが明らかになった。<BR>(1) T-AsAが高いヤマモモ葉茶を製造するためには, 蒸熱処理後に凍結乾燥する方法が最も適する。<BR>(2) 可溶性ポリフェノールおよびラジカル捕捉活性を多く残存させるためには, 蒸熱処理を行わずに, 凍結乾燥または機械乾燥する方法が適する。<BR>(3) ミリシトリン含量を保持するためには凍結乾燥または機械乾燥を行うか, もしくは1分間の蒸熱処理後に日陰乾燥を行う方法が適する。<BR>(4) ヤマモモ葉茶の抗酸化成分はミリシトリン以外の可溶性ポリフェノールであることが示唆された。<BR>(5) ヤマモモ葉茶のラジカル捕捉活性は, ほかの市販健康茶より高いことことが明らかとなった。

The effects of the manufacturing process on the high functionality and functional component contents of bayberry leaf tea were investigated. The following results were obtained : (1) Steaming for more than 1 min before freeze-drying resulted in a high T-AsAcontent. (2) Freeze-drying or machine drying without steaming was effective in maintaining a high soluble polyphenol content and a high radical scavenging activity of bayberry leaf tea. (3) Freeze-drying, machine drying or shade drying after steaming for 1 min was suitable for preserving myricitrinin bayberry leaf tea during manufacture. (4) Antioxidativecomponents of the bayberry leaf tea included soluble polyphenolsexcept myricitrin. (5) The radical scavenging activity of bayberry leaf tea was higher than those of the other nine types of health tea tested.

収録刊行物

  • 日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science  

    日本食品保蔵科学会誌 = Food preservation science 32(5), 221-227, 2006-09-30 

    日本食品保蔵科学会

参考文献:  36件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018323950
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11178236
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    13441213
  • NDL 記事登録ID
    8554797
  • NDL 雑誌分類
    ZR6(科学技術--農林水産) // ZP34(科学技術--食品工学・工業)
  • NDL 請求記号
    Z18-1101
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  IR  J-STAGE 
ページトップへ