トリアムシノロンアセトニドの後部テノン嚢下投与が著効を示した視神経炎の1例 A Case of Optic Neuritis Treated by Posterior Sub-Tenon Injection of Triamcinolone Acetonide

この論文をさがす

著者

    • 太田 聡 OHTA Satoshi
    • 名古屋市立大学医学部眼科学講座 Department of Ophthalmology and Visual Science, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 伊藤 丈詞 ITO Takeshi
    • 名古屋市立大学医学部眼科学講座 Department of Ophthalmology and Visual Science, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences
    • 小椋 祐一郎 OGURA Yuichiro
    • 名古屋市立大学医学部眼科学講座 Department of Ophthalmology and Visual Science, Nagoya City University Graduate School of Medical Sciences

収録刊行物

  • 日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica  

    日本眼科紀要 = Folia ophthalmologica Japonica 57(5), 394-397, 2006-05-28 

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018327158
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187102
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00155667
  • データ提供元
    CJP書誌 
ページトップへ