カキ低面ネット栽培による散布作業者のばく露量軽減 Minimizing worker-exposure during chemical spray by the table-shaped persimmon cultivation method

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

作業性の向上により大きい重点を置いたカキの低面ネット栽培法において, 散布作業者の農薬ばく露状況を, 従来の立木栽培法と比較調査した.被験者4名の身体9箇所に円形濾紙を設置し, azoxystrobin水和剤を散布後, 濾紙ごとのばく露量を調査した.また, 一次, 二次汚染を評価するために, 垂直方向の散布範囲および散布作業中の枝葉との接触回数をそれぞれ調査した.その結果, 低面ネット栽培法は立木栽培法と比べて, 全ての被験者, 身体部位において検出量は著しく少なく, 接触回数および垂直散布範囲も低かったことから, 低面ネット栽培法は一次, 二次汚染がともに減少することにより, 作業者の農薬ばく露を効果的に減少させ得る栽培方法であると考えられる.

We compared the chemical (fungicide; azoxystrobin) exposure while spraying persimmon trees pruned in the shape of a table (table-shaped method) with that while spraying trees pruned in the typical standing-tree shape. Exposure was evaluated using 9 patches attached to the body of each of 4 test subjects. Furthermore, we measured the vertical range of spraying which affects the amount of exposure, to estimate primary contamination, and the frequency of contact with branches or leaves to estimate secondary contamination. The results showed that the table-shaped method was useful in reducing primary and secondary contamination and reduced the level of chemical exposure.

収録刊行物

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018329233
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11818622
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1348589X
  • NDL 記事登録ID
    7850070
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1132
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ