イミダクロプリド, クロチアニジンおよび関連するネオニコチノイドのワモンゴキブリの神経細胞に存在するニコチン性アセチルコリン受容体に対する作用と殺虫活性との関係 Actions of imidacloprid, clothianidin and related neonicotinoids on nicotinic acetylcholine receptors of American cockroach neurons and their relationships with insecticidal potency

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ワモンゴキブリ(Periplaneta americana)より調製した神経細胞に存在するニコチン性アセチルコリン受容体(nAChR)に対するクロチアニジン, イミダクロプリドおよび関連するネオニコチノイド類の作用をホールセルパッチクランプ法により測定し, これらの活性と殺虫活性との関係について検討した.ニトロメチレン構造を有するネオニコチノイドは, ニトロイミノ構造を有する化合物よりも低い濃度でnAChRを活性化し, イミダゾリジン環をもたない化合物は, 本環構造をもつ化合物よりも大きな最大応答をnAChRに誘起した.イミダクロプリドはアセチルコリンが引きおこす細胞応答を約60%抑制するのに対して, 試験した他のネオニコチノイドはそれよりも弱い抑制活性しか示さなかった.化合物の疎水性が支配する標的への移行性を考慮すると, このような多様な神経活性にもとづいてネオニコチノイドの殺虫活性の変動を説明することができると考えられた.

The actions of neonicotinoid insecticides on nicotinic acetylcholine receptors (nAChRs) in the terminal abdominal ganglion neurons of the American cockroach were investigated using whole-cell patch-clamp electrophysiology. Neonicotinoids possessing a nitromethylene group showed higher agonist affinity than the corresponding nitroimine analogues, whereas compounds with an acyclic guanidine moiety showed greater agonist efficacy than the corresponding cyclic compounds. Imidacloprid showed the lowest agonist efficacy of all neonicotinoids and low concentrations of imidacloprid attenuated acetylcholine-induced currents. However, such blocking actions were minimal with other neonicotinoids. The diverse actions of neonicotinoids on nAChRs, combined with target accessibility based on hydrophobicity, appears to account for their insecticidal potency on cockroaches measured in the presence of metabolic inhibitors.

収録刊行物

参考文献:  25件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018329264
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11818622
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1348589X
  • NDL 記事登録ID
    7850155
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1132
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS 
ページトップへ