昆虫のβ-N-acetylglucosaminidaseに対する阻害剤の探索および部分的性状解析 Screening and partial characterization of inhibitors of insect β-N-acetylglucosaminidase

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

新規昆虫発育制御物質開発の観点から, 昆虫のβ-N-acetylglucosaminidase(GlcNAcase)に特異的な酵素阻害剤のスクリーニングを行い, 糸状菌4菌株および, 放線菌4菌株に活性物質を見出した.これらの菌株のうち放線菌4菌株が生産する活性物質は, 昆虫GlcNAcaseを強く阻害するにも拘わらず, それ以外の生物種由来のGlcNAcaseを全く阻害しなかった.一方, 糸状菌4菌株が生産する活性物質は, 昆虫, ほ乳類, 植物, 糸状菌由来のGlcNAcaseを全て阻害した.このような昆虫特異的なGlcNAcase阻害剤の存在については本研究が初めての報告である.さらにこの事実は, 昆虫のGlcNAcaseが, 他の生物種由来のGlcNAcaseとは異なる性質を有している可能性を強く示唆するものである.

Microbial culture broths were screened for novel β-N-acetylglucosaminidase (GlcNAcase) inhibitors specific for the enzyme of insect origin. Four strains of actinomycetes, Streptomyces griseoloalbus JCM4480, S. clauifer JCM5059, S. anulatus NBRC13369 and S. griseus subsp. rhodochrous NBRC13849, produced unique compounds showing selective inhibition of the insect GlcNAcase. In contrast, 4 fungal strains, Paecilomyces sp. F13, F30, P. carneus F2281 and Verticillium sp. F40, were found to produce GlcNAcase inhibitors showing a broad spectrum of inhibitory activity against GlcNAcases from insects, mammals, plants and fungi. These results indicated obvious differences in GlcNAcases between insects and other organisms. This is the first report of enzyme inhibitors specific for the GlcNAcase of insect origin.

収録刊行物

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018329290
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11818622
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1348589X
  • NDL 記事登録ID
    7850189
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1132
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  NII-ELS 
ページトップへ