イネcaffeic acid 3-O-methyltransferaseのクローニングおよび機能解析 Cloning and functional analysis of caffeic acid 3-O-methyltransferase from rice (Oryza sativa)

この論文をさがす

著者

抄録

イネファイトアレキシンの一つであるサクラネチンの生合成酵素naringenin 7-O-methyltransferase (NOMT)の既に報告されている部分アミノ酸配列を用いて, UV処理したイネ葉のcDNAからO-methyltransferase cDNAをクローニングした.しかし, 大腸菌で発現した融合たんぱく質(約41kDa)はNOMT活性を示さず, caffeic acid 3-O-methyltransferaseの活性を示した.定量RT-PCRの結果, その遺伝子は発芽後1-5週間のイネで構成的に発現しており, 塩化銅, ジャスモン酸及びUV処理による誘導性はないことが明らかとなった.基質特異性を調べた結果, B環に隣接している水酸基を二つ持つフラボノイド系化合物が良い基質となることが分かった.これらの結果から, 以前に報告されたNOMTの部分アミノ酸配列はNOMTではなく, caffeic acid 3-O-methyltransferaseのものであることが明らかとなった.

A putative O-methyltransferase cDNA was cloned from UV-irradiated rice leaves based on an amino acid sequence reported as that of naringenin 7-O-methyltransferase, which is involved in the biosynthesis of a rice phytoalexin, sakuranetin. However, the recombinant protein (approximately 41kDa) expressed in Escherichia coli showed not naringenin 7-O-methyltransferase activity but caffeic acid 3-O-methyltransferase activity. Semiquantitative RT-PCR revealed that the mRNA was expressed in all tissues tested and was not affected by CuCl_2, jasmonic acid or UV treatment. The enzyme also methylated flavonoids which have two adjacent hydroxyl groups in the B ring.

収録刊行物

参考文献:  23件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018329309
  • NII書誌ID(NCID)
    AA11818622
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    1348589X
  • NDL 記事登録ID
    7850227
  • NDL 雑誌分類
    ZR7(科学技術--農林水産--農産)
  • NDL 請求記号
    Z18-1132
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  NII-ELS  IR 
ページトップへ