液体クロマトグラフィー/質量分析法による牛の筋肉および腎臓中ペニシリン系抗生物質6剤同時分析法の開発 Development of Simultaneous Analysis for Six Penicillins in Bovine Muscle and Kidney Using Liquid Chromatography/Mass Spectrometry

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

牛の筋肉および腎臓中ペニシリン系抗生物質6剤をLC/MSで同時分析する方法を開発した。残留薬剤は、マキルベン緩衝液(pH4.0)で抽出し、メガボンドエルートC18カラムにより精製後、2mmol/l酢酸アンモニウムで溶解して試験溶液を調製した。これをLC/MSに注入し、アセトニトリルと2mmol/l酢酸アンモニウムを移動相とするグラジエント溶出により分離した。'ペニシリン系抗生物質は、擬分子イオンおよびフラグメントイオンをモニターイオンとしたSIM法により測定した。添加回収率は、牛筋肉で66.7-89.3%、牛腎臓で67.5-77.9%であり、検出限界値は、0.02-0.01μg/gであった。さらに微生物学的方法でアンピシリンを検出した牛腎臓を分析し、モニターイオンによりその残留を確認した。

収録刊行物

  • 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association  

    日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association 59(11), 761-765, 2006-11-20 

    日本獸医師会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018329740
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191857
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    04466454
  • NDL 記事登録ID
    8574230
  • NDL 雑誌分類
    ZR22(科学技術--農林水産--畜産)
  • NDL 請求記号
    Z18-352
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  IR 
ページトップへ