甲状披裂筋切除術変法により声門開大を達成した両側声帯外転障害の1例 A Case of Successful Enlargement of the Glottic Space Resulting from Modified Thyroarytenoid Myotomy for Bilateral Vocal Cord Abductor Paralysis

この論文をさがす

著者

    • 小川 真 OGAWA Makoto
    • 大阪大学大学院感覚器外科耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology and Sensory Organ Surgery, Osaka University School of Medicine
    • 山本 佳史 YAMAMOTO Yoshifumi
    • 大阪大学大学院感覚器外科耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology and Sensory Organ Surgery, Osaka University School of Medicine
    • 猪原 秀典 INOHARA Hidenori
    • 大阪大学大学院感覚器外科耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology and Sensory Organ Surgery, Osaka University School of Medicine
    • 渡邊 雄介 WATANABE Yusuke
    • 国際医療福祉大学附属三田病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, International Medical Welfare University, Mita Hospital
    • 久保 武 KUBO Takeshi
    • 大阪大学大学院感覚器外科耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology and Sensory Organ Surgery, Osaka University School of Medicine

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報  

    日本気管食道科学会会報 57(4), 371-377, 2006-08-10 

    日本気管食道科学会

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332599
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290645
  • NDL 記事登録ID
    8066790
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-214
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL 
ページトップへ