声帯固定の症状を認めなかった甲状腺分化癌症例 : 病態についての検討 A Case of Advanced Thyroid Cancer with No Complaint of Hoarseness

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

声帯固定があったにもかかわらず,嗄声の自覚が全くなかった甲状腺癌症例を経験した。症例は66歳の女性,上部消化管内視鏡検査の際に,偶然梨状窩の膨隆所見を指摘された。CTで甲状腺に石灰化を伴う腫瘤を認め,腫瘤は甲状軟骨翼の後方から喉頭内に侵入しているのが確認された。穿刺細胞診で甲状腺癌と診断された。<br>喉頭に浸潤する程度の甲状腺癌でありながら嗄声をきたさなかった要因として,腫瘤の進展形式が披裂軟骨を内転させる方向であったこと,反回神経麻痺をきたした時点で声帯位置は正中であったこと,の二点が考えられる。さらに腫瘤の喉頭内への進展が続くにつれ披裂軟骨の内転はより強固になり,声帯の緊張も保たれ,良好な音声が保たれていたと予想した。

A 66-year-old female exhibited bulging mucosa of the left piriformis sinus and fixation of the left vocal fold in the median position during a health checkup at a local clinic. Pathological examination of the anterior neck by fine needle aspiration revealed it to be papillary carcinoma. Computed tomography demonstrated that a tumor with severe calcification existed in the left lobe of the thyroid, and the tumor extended into the laryngeal frame through the back of the thyroid cartilage lamina.<br>We speculated that medialization of the left vocal fold in this case was caused by two factors: invasion to the recurrent nerve causing fixation of the left vocal fold in the median position, and the tumor rotating the left arytenoid cartilage. These two factors made the fixation of the vocal fold in the median position firmer, and the patient consequently had no complaint of hoarseness.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報  

    日本気管食道科学会会報 57(4), 393-397, 2006-08-10 

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  5件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332644
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290645
  • NDL 記事登録ID
    8066844
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-214
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ