甲状軟骨形成術I型の挿入材料による音声機能検査成績の比較 : シリコンブロックvs. ゴアテックス^【○!R】シート Comparative Study of Phonatory Functions after Thyroplasty Type I by Choice of Obliteration Material : Silicon Block vs. Gore-Tex^【○!R】 Sheet

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 克郎 SATO Katsuro
    • 新潟大学大学院医歯学系頭頸部外科 Department of Head and Neck Surgery, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences
    • 山本 裕 YAMAMOTO Yutaka
    • 新潟大学医歯学総合病院耳鼻咽喉科 Department of Otolaryngology, Niigata University Medical and Dental Hospital
    • 高橋 姿 TAKAHASHI Sugata
    • 新潟大学大学院医歯学系耳鼻咽喉科 Department of Otolaryngology, Niigata University Graduate School of Medical and Dental Sciences

抄録

甲状軟骨形成術I型は声門閉鎖不全に対する手術的治療として確立したものであるが,甲状軟骨開窓部への挿入材料にはさまざまな素材が選択されてきた。当科では当初シリコンブロックを用いていたが,医療材料としての認可等の問題点を考え,ゴアテックス<sup>®</sup>シートに切り替えた。そこで,2種の挿入材料の差異による音声機能検査成績を比較検討した。術前の成績と術後の成績にはシリコン群とゴアテックス<sup>®</sup>群間で有意差はなかった。呼気流率と声の強さは両群で手術により有意に改善し,最長発声持続時間(MPT)はシリコン群で有意に改善していた。手術前後の検査値の差異を「改善度」とし,両群で比較したところ,MPTのみシリコン群がゴアテックス<sup>®</sup>群より有意に改善していた。以上,音声機能検査成績はシリコン群が若干良好であったが,社会的にも今後は医療材料として認可のあるゴアテックス<sup>®</sup>の使用が望ましい。挿入材料にゴアテックス<sup>®</sup>を用いて,より音声機能検査成績を良好に改善させる手術手技の開発が重要である。

Thyroplasty type I is considered an established surgical treatment for unilateral recurrent laryngeal nerve paralysis, and various obliteration materials have been used and discussed. In our departments, silicon blocks were used initially, but Gore-Tex<sup>®</sup> was ultimately chosen after its approval as a medical material. In this paper, a comparative study of phonatory functions type I with use of the two obliteration materials was described. Both pre- and post-operative data were similar between the silicon and Gore-Tex<sup>®</sup> cases. Air flow rate and loudness showed statistically significant improvement in both cases. Maximum phonation time (MPT) showed statistically significant improvement in the silicon cases. Differences in the data between pre- and post-operation showed statistically significant improvement of MPT in the silicon cases compared to the Gore-Tex<sup>®</sup> cases. Improvement of phonatory functions improvement was better, in part, in the silicon cases, although Gore-Tex<sup>®</sup> might be a better material in the social context (i.e. following approval as a medical material). Surgical strategies for greater improvement in phonatory functions using Gore-Tex<sup>®</sup> should be developed.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報  

    日本気管食道科学会会報 57(3), 257-261, 2006-06-10 

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332661
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00290645
  • NDL 記事登録ID
    7991904
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-214
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ