甲状軟骨形成術が奏効した声帯溝症の1例 A Case of Successful Thyroplasty for Sulcus Vocalis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 岡本 伊作 OKAMOTO Isaku
    • 東京医科大学八王子医療センター耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology and Head & Neck Surgery, Hachioji Medical Center of Tokyo Medical University
    • 中村 一博 NAKAMURA Kazuhiro
    • 東京医科大学八王子医療センター耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology and Head & Neck Surgery, Hachioji Medical Center of Tokyo Medical University
    • 吉田 知之 [他] YOSHIDA Tomoyuki
    • 東京医科大学八王子医療センター耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology and Head & Neck Surgery, Hachioji Medical Center of Tokyo Medical University
    • 竹之内 剛 TAKENOUCHI Tsuyoshi
    • 東京医科大学八王子医療センター耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otorhinolaryngology and Head & Neck Surgery, Hachioji Medical Center of Tokyo Medical University

抄録

声帯溝症の治療には,側頭筋膜移植術,シリコン注入術,脂肪注入術,音声治療,など多数の報告がある。今回われわれは,甲状軟骨形成術I型+II型を施行し,奏効した症例を経験したので報告する。症例は72歳男性,主訴は嗄声であった。聴覚印象はG(3)R(2)B(3)A(1)S(3),MPTは8秒,F0は191 Hz,ストロボスコピーで両側声帯遊離縁に溝を認め声帯溝症と診断し,溝のより深い左側にI型を施行した。術後気息性嗄声は改善したが,ピッチに関しては満足が得られなく,また溝がわずかに残存していたため,左側のI型の再施行と両側のIV型を追加した。術後はG(1)R(1)B(0)A(0)S(0),MPTが25秒,F0は223 Hzに上昇した。以上より甲状軟骨形成術I型は声帯溝症の声門閉鎖不全を解消するのに有用であった。また,IV型を追加することでより患者の満足がいく音声が得られた。

There have been many reports on treatment methods for sulcus vocalis, including temporal fascia grafting, silicone injection, fat injection, voice treatment, etc. It is difficult to select the optimal approach from among these treatment methods. We encountered a case in which thyroplasty Types I and IV were effective. The patient was a 72-year-old male with a chief complaint of hoarseness. An auditory impression indicated G (3) R (2) B (3) A (1) S (3), and MPT was 8 seconds. Strobolaryngoscopy revealed sulci on the free margins of the bilateral vocal cords. On the basis of these findings and observations, the patient was diagnosed as having sulcus vocalis. The left vocal cord with the deeper sulcus was treated by thyroplasty Type I, and the bilateral vocal cords were treated by thyroplasty Type IV. The hoarseness related to vocal onset improved postoperatively. These results suggest thyroplasty Type I to be useful as an alternative treatment of sulcus vocalis.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報  

    日本気管食道科学会会報 57(3), 283-287, 2006-06-10 

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332733
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290645
  • NDL 記事登録ID
    7992089
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-214
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ