小児における胃食道逆流による急性喉頭狭窄症例について Acute Laryngeal Obstruction Induced by Gastroesophageal Reflux in Pediatric Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

近年,今まで健常と思われていた小児においても胃食道逆流によってさまざまな咽喉頭病変の発症することが明らかになってきた。このうち,喉頭痙攣と声門上狭窄は急速進行性で,生命の危機に繋がるため重要である。しかし,その診断·治療の指針は未だ明らかではない。<br> 今回われわれは胃食道逆流により急性喉頭狭窄を発症した小児4例を経験した。症例1は,8カ月女児で固形物を摂取後に喉頭痙攣を呈するようになった。症例2は12カ月男児で喉頭痙攣とともに中枢性無呼吸を合併した。症例3は7歳女児で喉頭痙攣と無呼吸,体重減少を伴った。症例4は5歳男児で窒息寸前に至るほどの声門上狭窄を反復した。ゲップや吃逆,唾液の反復嚥下,乾性咳嗽などのGERD関連症状と,生活·食習慣について両親に詳しく問診を行ったところ,全例で何らかの症状や問題点のあることが確認された。喉頭内視鏡検査では全例で披裂部-披裂間部を中心とした粘膜の発赤·腫脹を認めた。頸部側面X線検査では全例で頸部食道壁の腫脹が確認された。VTR上部消化管造影検査では喉頭痙攣の3例で食道蠕動の低下,声門上狭窄例で高度の胃下垂,胃排泄能の低下のあることが指摘された。以上のことから,GERD関連症状の有無と生活·食習慣の問題点について両親に詳細な問診を行い,声門後部を中心とした咽喉頭所見,頸部側面X線による頸部食道壁の腫脹の有無を確認することが,急性喉頭狭窄を呈する小児の胃食道逆流例についての,簡便で,かつ有用な診断方法であると考えられた。加えて,VTR上部消化管造影検査は食道蠕動や胃排泄能などの上部消化管機能異常を検出する上で有用な検査法であると思われた。<br> 治療については,小児の成長,成熟を考慮すると,酸分泌抑制剤を中心としたGERDの薬物療法とともに,生活·食習慣に対する指導を行うことが重要であると考えられた。

Recently, it has been recognized that gastroesophageal reflux may contribute certain laryngopharyngeal findings in pediatric patients. In laryngeal findings, laryngospasm and supraglottic stenosis may represent acute laryngeal obstruction and are most serious because of their immediate progression to life-threatening conditions. However, guidelines to manage acute laryngeal obstruction induced by gastroesophageal reflux in pediatric patients have not yet been established.<br>We report four pediatric cases of acute laryngeal obstruction induced by gastroesophageal reflux. Subject 1 was a seven-month-old girl showing laryngospasm after eating solid baby food; Subject 2, a 12-month-old boy showing laryngospasm with severe central apnea; Subjcet 3, a seven-year-old girl showing laryngospasm with apnea and progressive emaciation; and Subject 4, a 5-year-old boy with recurrent severe supraglottic stenosis. Detailed medical interviews of their parents regarding GERD symptoms (much belching, hiccups, repetitive saliva swallowing, dry cough), lifestyle, and dietary style indicated problems in all patients. Laryngoscopic findings revealed swelling of the arytenoids and interarytenoid mucosa with redness in all patients. Lateral X-ray findings showed swelling of the cervical esophageal wall in all patients, also. In addition, VTR esophago-gastrography revealed decreased peristalsis in cases of laryngospasm, and severe gastroptosis and decreased ejection from the stomach to the duodenum in the case with supraglottic stenosis. From these results, we conclude that detailed medical interviews regarding GERD symptoms, lifestyle and dietary style, laryngoscopic findings for posterior laryngitis, and lateral X-ray findings for swelling of the cervical esophageal wall can serve as indexes to diagnose acute laryngeal obstruction induced by gastroesophageal reflux. Also, VTR esophago-gastrography can be useful to detect dysfunctions of esophageal peristalsis and gastric ejection that result in acute laryngeal obstruction induced by gastroesophageal reflux.<br>In terms of pediatric growth and maturity, besides medical treatment for GERD using secretory inhibitors for peptic regurgitation, modifications of lifestyle and dietary style are also important to treat acute laryngeal obstruction in pediatric patients.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報  

    日本気管食道科学会会報 57(3), 288-297, 2006-06-10 

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332747
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290645
  • NDL 記事登録ID
    7992122
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-214
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ