甲状腺腫瘍による気管狭窄に対する気管ステントの有用性 Utility of Tracheal Stent for Tracheal Stenosis Caused by Thyroid Tumor

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

甲状腺腫瘍の終末像の一つに気道閉塞があり,姑息的治療とはいえステント留置による気道確保の持つ意義は大きい。甲状腺腫瘍患者では未分化癌などを除き気道が確保されていれば,担癌状態で比較的長期生存が期待でき,これは肺癌·食道癌患者に行うステント留置の場合と大きく異なる。長期留置に耐え得るよう,ステントの種類·位置の選択をCTや内視鏡等で事前に十分検討する必要がある。今回われわれは甲状腺腫瘍による気管狭窄に対して気管ステントを留置した3症例を経験したので報告する。<br> 根治治療が困難な気管狭窄を伴う甲状腺腫瘍症例に対するステント使用が補助的治療として有用であり,QOLの向上に役立つものと考えられた。

Airway obstruction is one of the terminal images of a thyroid tumor, and although it is only a palliative medical treatment, airway management by tracheal stent placement has a significant role. In a thyroid tumor patient, if the respiratory tract is secured, comparatively long-term survival can be expected, except in case of undifferentiated cancer; this differs greatly from cases of stent placement applied to lung cancer or esophagus cancer. To enable long-term placement, it is necessary to consider the modality of the stent and the positional choice by CT or endoscope beforehand.<br>Here, we report three cases in which a tracheal stent was applied for tracheal stenosis caused by thyroid tumor. The findings suggested that in thyroid tumor cases accompanied by tracheal stenosis with difficulty of complete cure treatment, application of a stent is useful as an auxiliary medical treatment, and serves to improve QOL.

収録刊行物

  • 日本気管食道科学会会報  

    日本気管食道科学会会報 57(3), 312-317, 2006-06-10 

    The Japan Broncho-esophagological Society

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332816
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00187474
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00290645
  • NDL 記事登録ID
    7992205
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-214
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ