成人の睡眠時呼吸障害に対する咽頭拡大術の適応 The Indications for Pharyngeal Surgery in Adult with Sleep-disordered Breathing Patients

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 菊池 淳 KIKUCHI Atsushi
    • 久留米大学医療センター耳鼻咽喉科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kurume University Medical Center
    • 坂本 菊男 SAKAMOTO Kikuo
    • 久留米大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kurume University School of Medicine
    • 佐藤 公則 [他] SATO Kiminori
    • 久留米大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kurume University School of Medicine
    • 中島 格 NAKASHIMA Tadashi
    • 久留米大学医学部耳鼻咽喉科・頭頸部外科 Department of Otolaryngology-Head and Neck Surgery, Kurume University School of Medicine

抄録

(目的)睡眠時呼吸障害(Sleep-disorderd breathing,以下SDB)患者の治療に対する口蓋垂軟口蓋咽頭形成術,扁桃摘出術などを含む咽頭拡大術について,集学的治療の一環としてどのように行うか,その適応を検討した.(対象)2002年5月から2004年12月までの間に,久留米大学病院耳鼻咽喉科•頭頸部外科および久留米大学医療センター耳鼻咽喉科で咽頭拡大術を受けた26名を対象とした.(方法)術前と術後8~12週目に終夜睡眠ポリグラフ検査を行い,無呼吸低呼吸指数(Apnea Hypopnea Index,以下AHI)の改善度を検討した.(結果)咽頭拡大術単独で根治を目指した例は,扁桃肥大1度以上,いびき音テストで咽頭狭窄が左右型,顎顔面形態上のリスクが小さい例である.AHIの改善度は76.2%で,無呼吸指数(Apnea index,以下AI)に限ると改善度は95.7%であった.咽頭拡大術を補助的に行った例は,いびき音テストで咽頭狭窄が左右型,扁桃肥大2度以上の例である.AHIの改善度は50.7%で,AIに限っても改善度は66.5%であったが,他の治療の補助として有用であった.(結論)SDBの治療は集学的なアプローチが必要であり,このなかで咽頭拡大術は,適応を二つに分けて考えるべきであると思われた.

We assessed the indications for pharyngeal surgery, including tonsillectomy and uvulopalatopharyngoplasty (UPPP) for patients with sleep-disordered breathing (SDB). The indications for surgery can be divided into two groups. In the first group, the indicated surgery is a radical treatment of SDB. The characteristics of this group were 1) grade 1 tonsillar hypertrophy, 2) bilateral (side to side type) oropharyngeal stenosis, as determined using a snoring sound test, and 3) no risk of facial disfiguration. In this group, the improvement in AHI (Apnea Hypopnea Index) was 76.2%, while the improvement in AI (Apnea Index) was 95.7%. In the second group, the treatment was designated as supplemental. The characteristics of this group were 1) bilateral oropharyngeal stenosis, 2) tonsillar hypertrophy larger than grade 2, and 3) unsuccessful treatment with NCPAP (Nasal Continuous Positive Airway Pressure) or oral appliances. In this group, the improvement in AHI was 50.7%, but, surgery remained an effective means of treating SDB.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 109(8), 668-674, 2006-08-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  3件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332895
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    8077292
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ