下咽頭表在癌の手術治療 : 内視鏡的咽喉頭手術(ELPS)の経験 Treatment of Superficial Carcinoma in Hypopharynx

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 佐藤 靖夫 SATOU Yasuo
    • 川崎市立川崎病院耳鼻咽喉科 Department of Otorhinolaryngology, Kawasaki Municipal Kawasaki Hospital
    • 大森 泰 OMORI Tai
    • 川崎市立川崎病院消化器科・外科 Department of Surgery, Kawasaki Municipal Kawasaki Hospital

抄録

下咽頭の表在癌はいまだ症例報告数が少ない.これまで,食道表在癌と同様にEMR-Cで摘出する方法が報告されているが,EMR-Cでは広範囲病変や粘膜吸引が困難な部位では病変の一括切除が困難であり,下咽頭表在癌の治療方針は確立されていない.2000年2月から2005年5月までに当院で局所粘膜手術を施行した下咽頭表在癌67病変(49例)について,その治療方法と成績を検討した.特に,喉頭展開した後に上部消化管内視鏡下に直達的に鉗子を用いて病変を切除する方法(以下,ELPSと仮称)の有用性を検討した.<br>現在までに49例のうち5例が死亡したが,当該病変の再発•転移例はなかった(疾患特異的5年生存率:100%).2004年9月までは主にEMR-Cを行っていたが,半数以上は一括切除が困難であった.2004年9月からELPSを導入し11病変に施行したが,下咽頭の観察が容易であり,広域病変や粘膜吸引が困難な部位でも一括切除が可能であった.<br>下咽頭表在癌は局所粘膜切除術でも良好な予後が期待でき,早期診断の重要性があらためて示された.下咽頭表在癌は病変の部位や大きさによって摘出方法を選択すべきと考えられた.EMR-Cや顕微鏡下手術では視野の確保や一括切除が困難な病変に対して,ELPSは有用な治療選択肢の1つになりうると考えられた.

Superficial carcinoma of the esophagus is generally treated with endoscopic mucosal resection (EMR), yielding an acceptable prognosis and quality of life (QOL). With technical advances in endoscopy, it has become to possible to find superficial carcinoma even in the hypopharynx. Several reports suggest that such superficial carcinomas are treatable only with local mucosal resection.<br>We treated 67 superficial carcinomas (49 cases) of the hypopharynx with local mucosal resection in our hospital, mainly with EMR. From 2004, we have resected 11 lesions directly with endoscopic assist (endoscopic laryngopharyngeal surgery; ELPS). With ELPS, it was very easy to recognize lugol-voiding lesions in the hypopharynx, and ELPS enabled us to do en bloc resection even for large lesions that could not be treated with EMR or with microscopic surgery.<br>Eight of 49 cases had transient side effects-2 vocal cord palsies, 2 vocal cord edemas with overnight intubation, 3 overnight intubations, and 1 pharyngitis. Six patients died of other diseases, and no metastasis or recurrence of superficial carcinoma was found.<br>Diagnosis and treatment of superficial carcinoma of the hypopharynx may thus improve patient prognosis and QOL.

収録刊行物

  • 日本耳鼻咽喉科學會會報  

    日本耳鼻咽喉科學會會報 109(7), 581-586, 2006-07-20 

    The Oto-Rhino-Laryngological Society of Japan, Inc.

参考文献:  12件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  15件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018332921
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191551
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00306622
  • NDL 記事登録ID
    8047950
  • NDL 雑誌分類
    ZS43(科学技術--医学--耳鼻咽喉科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-250
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ