腸炎疾患における消化管筋層部炎症応答と運動機能障害 Muscularis inflammation and motility disorder in enteritis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

クローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性腸疾患(inflammatory bowel disease:IBD)では重篤な消化管運動機能障害を発症するが,これは腸内環境の悪化を招いて粘膜炎症をさらに悪化させる.すなわち,消化管運動機能の改善は疾患の治癒や緩解にとって極めて重要な治療ステップと考えられている.この消化管運動機能障害はIBDに限定されるものではなく,腸閉塞など様々な原因で生じる腸炎や,外科手術後の消化管機能障害(post-operative ileus:POI),敗血症などで広く認められる症状であるが,消化管運動機能低下に関わると考えられる筋層部での炎症応答についてはまだ良くわかっていない.消化管筋層部において,リンパ球系の細胞は粘膜層に比べて圧倒的に少ない代わりに,漿膜下と筋層間神経叢,内輪走筋内に多数のマクロファージが健常時から常在している.また,平滑筋細胞自身も炎症応答細胞として機能することから,筋層部は粘膜部とは異なる独自の炎症応答機構を備えていると考えられる.ここでは,消化管筋層部での炎症応答機構に着目し,消化管運動機能障害の分子機構について概説したい.<br>

収録刊行物

  • 日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA  

    日本薬理学雑誌 : FOLIA PHARMACOLOGICA JAPONICA 128(2), 72-77, 2006-08-01 

    公益社団法人 日本薬理学会

参考文献:  38件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018333109
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00198335
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00155691
  • NDL 記事登録ID
    8056010
  • NDL 雑誌分類
    ZS51(科学技術--薬学)
  • NDL 請求記号
    Z19-247
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ