核内デルタ型CaMキナーゼIIの神経機能における役割 Physiological roles of nuclear CaM kinase II delta in the central nervous system

この論文をさがす

著者

    • 福永 浩司 FUKUNAGA Kohji
    • 東北大学大学院薬学研究科薬理学分野 Department of Pharmacology, Tohoku University Graduate School of Pharmaceutical Sciences
    • 鎌田 暁史 KAMATA Akifumi
    • 東北大学大学院薬学研究科薬理学分野 Department of Pharmacology, Tohoku University Graduate School of Pharmaceutical Sciences
    • 竹内 有輔 TAKEUCHI Yusuke
    • 東北大学大学院薬学研究科薬理学分野 Department of Pharmacology, Tohoku University Graduate School of Pharmaceutical Sciences

収録刊行物

  • 生化学  

    生化学 78(10), 957-964, 2006-10-25 

    日本生化学会

参考文献:  26件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018335092
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00126072
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00371017
  • NDL 記事登録ID
    8561228
  • NDL 雑誌分類
    ZR2(科学技術--生物学--生化学)
  • NDL 請求記号
    Z18-55
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ