Metabolic Syndrome, C-Reactive Protein and Increased Arterial Stiffness in Japanese Subjects(日本人におけるメタボリックシンドローム、C反応性蛋白及び動脈硬化進展) Metabolic Syndrome, C-Reactive Protein and Increased Arterial Stiffness in Japanese Subjects

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • YOSHIOKA Eiji
    • Department of Public Heath, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • FUKUI Tomonori
    • Department of Public Heath, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • KAWAHARADA Mariko
    • Department of Public Heath, Hokkaido University Graduate School of Medicine
    • KISHI Reiko
    • Department of Public Heath, Hokkaido University Graduate School of Medicine

抄録

著者最終原稿版メタボリックシンドローム(MS)と、C反応性蛋白(CRP)値上昇及び動脈硬化進展との関連性、及びMSとCRPの値を組合わせたデータの方がMS単独データよりも動脈硬化との関連が強いかどうかについて検討した。35歳以上の男性3412名及び女性854名を対象に生活習慣に関するアンケート調査を実施し、一般的身体計測、血液検査、更にbaPWV(脈波伝播速度)、CRP値測定を行った。統計学的に、baPWV及びCRPはMSの構成要素の数と有意に関連したが、動脈硬化進展の予測において、MSとCRP値の組合せデータを用いてもMSデータ単独を用いる場合と殆ど効果は変わらないことが判明した。

収録刊行物

  • Hypertension research : clinical and experimental : official journal of the Japanese Society of Hypertension  

    Hypertension research : clinical and experimental : official journal of the Japanese Society of Hypertension 29(8), 589-596, 2006-08-01 

参考文献:  44件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  13件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018335416
  • NII書誌ID(NCID)
    AA10847079
  • 本文言語コード
    ENG
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    09169636
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  IR 
ページトップへ