リファンピシン耐性 Mycobacterium kansasii におけるrpoB変異の解明 DETECTION OF rpoB MUTATIONS IN RIFAMPICIN-RESISTANT MYCOBACTERIUM KANSASII

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 吉田 志緒美 YOSHIDA Shiomi
    • 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Kinki-chuo Chest Medical Center
    • 鈴木 克洋 SUZUKI Katsuhiro
    • 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Kinki-chuo Chest Medical Center
    • 露口 一成 [他] TSUYUGUCHI Kazunari
    • 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Kinki-chuo Chest Medical Center
    • 富田 元久 TOMITA Motohisa
    • 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター臨床検査科 Department of Clinical Laboratory, National Hospital Organization Kinki-chuo Chest Medical Center
    • 岡田 全司 OKADA Masaji
    • 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター臨床研究センター Clinical Research Center, National Hospital Organization Kinki-chuo Chest Medical Center
    • 坂谷 光則 SAKATANI Mitsunori
    • 独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センター内科 Department of Respiratory Medicine, National Hospital Organization Kinki-chuo Chest Medical Center

抄録

<I>M.kansasii</I>におけるRFP耐性機序の解明。〔方法〕2001年1月1日から2005年11月30日の期間中,独立行政法人国立病院機構近畿中央胸部疾患センターにて分離同定された<I>M.kansasii</I>314株を対象に薬剤感受性試験を実施し,RFP耐性と判定された<I>M.kansasii</I>について<I>rpoB</I>遺伝子解析を行った。〔結果〕薬剤感受性試験の結果RFP耐性と判定された<I>M.kansasii</I>は314株中3株(0.96%)であり,最小発育阻止濃度(MIC値)はすべて1μ9/ml以上を示した。<I>rpoB</I>遺伝子変異のシークエンス解析において,RFP耐性菌株すべてに<I>rpoB</I>遺伝子領域の変異を認めた(コドン513,516)。〔考察〕<I>M.kansasii</I>の<I>rpoB</I>遺伝子変異は結核菌と同じhot spot領域(69bp)にあり,結核菌同様RFP耐性と強い関連性が示された。.

[Purpose] To detect rifampicin-resistant mutations in <I>Mycobacter iumkansasii</I> (<I>M. kansasii</I>).<BR>[Methods] We examined t he <I>M. kansasii</I> isolates from sputum of patients at National Hospital Organization Kinkichuo Chest Medical Center from January 1, 2001 to November 30, 2005 using drug-susceptibility testing, and analyzed 69-bp fragment of <I>rpoB</I> gene in rifampicin-resistant strains.<BR>[Results] Three strains from 314 isolates were de termined as rifampicin resistant using drug-susceptibility testing. Those strains showed a rise in minimum inhibitory concentration (MIC), and had the mutations in <I>rpoB</I> gene. These point mutations in codons 513 and 516 were common mutations found in rifampicin-resistant clinical isolates of <I>M. tuberculosis</I>. [Discussion] We verified the association between <I>rpoB</I> gene mutations and rifampicin resistance in <I>M. kansasii</I>.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(7), 475-479, 2006-07-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018335804
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8037387
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ