Tsukamurella が喀痰から検出された1症例 TSUKAMURELLA TYROSINOSOLVENS CULTURED FROM SPUTUM OF A PATIENT WHO RECEIVED TOTAL GASTRECTOMY FOR GASTRIC CANCER

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

79歳女性。2003年2月に胃癌に対し胃全摘術を施行されている。2005年1月初旬に血疾を認めた。胸部X線上,両側上~ 中肺野に多発性の不整形結節性陰影を発見され当科を紹介受診した。胸部CTにて胸膜下を中心に不整形結節性陰影がみられ,加えて右S<SUP>6</SUP>に充実性~ スリガラス状陰影を認めた。経気管支肺生検を右B<SUP>6</SUP>より行ったが有意な所見は得られなかった。心機能が低下しており胸腔鏡下肺生検は行われなかった。入院時の喀痰塗抹標本の抗酸菌染色は陰性であったが,液体培地で弱抗酸性グラム陽性桿菌が発育した。<I>Tsukamurella</I>を疑い千葉大学真菌医学研究センターに同定を依頼した。細胞成分のミコール酸,メナキノン解析により<I>Tsukamurella</I>属と診断された。症状に乏しくその後複数回喀痰検査を試みたが<I>Tsukamurella</I>は検出されず,治療は行っていない。

A 79-year old woman underwent total gastrectomy under the diagnosis of gastric cancer in Feb. 2003. In the beginning of Jan. 2005, she noticed hemosputum and was admitted to our hospital. Chest radiograph and CT disclosed bilateral upper lobe-dominant nodular opacities in the subpleural areas and ground-glass opacities in right S<SUP>6</SUP>. Transbronchial lung biopsy was performed, but no useful information for the diagnosis was obtained. Ziehl-Neelsen stain was negative for the smear of the sputum at admission, but weakly stained acid-fast bacilli were grown in the MGIT culture. By the analysis of mycolic acid and menaquinone of the cell membrane, the bacilli were identified as <I>Tsukamurella</I>. Since she was asymptomatic and repeated sputum examination revealed negative bacilli, she has been observed at the outpatient clinic without any treatment.

収録刊行物

  • 結核  

    結核 81(7), 487-490, 2006-07-15 

    JAPANESE SOCIETY FOR TUBERCULOSIS

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018335827
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00073442
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    00229776
  • NDL 記事登録ID
    8037438
  • NDL 雑誌分類
    ZS21(科学技術--医学--内科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-133
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ