EVERPLAY (PASS) 規格の技術解説 EVERPLAY (Picture Archiving and Sharing Standard)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 杉本 征剛 SUGIMOTO Seigo
    • 富士フイルム株式会社R&D統括本部 ソフトウエア開発センター ソフトウエア技術部 SOFTWARE ENGINEERNIG DIV., SOFTWARE RESEARCH & DEVELOPMENT CENTER, RESEARCH & DEVELOPMENT MANAGEMENT HEADQUARTERS, FUJIFILM Corporation

抄録

富士フイルム株式会社, イーストマン・コダック社, およびコニカミノルタフォトイメージング株式会社は, デジタルイメージング産業に向けた規格「EVERPLAY」を発表した. EVERPLAYは, メディアへのデータ記録方式を定義することで, その再生互換性を確保する指針となることを目指している. EVERPLAY規格の狙いと概要を解説する.

EVERPLAY is a digital imaging industry initiative that will allow consumers to easily save, print, playback, and share media assets in ways that have not been accomplished easily or reliably before. EVERPLAY will define how information willbe encoded on the media so that products from all participating companies can understand the information on the media. In this report, we describe the technology overview and the aim of EVERPLAY.

収録刊行物

  • 日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan  

    日本写真学会誌 = Journal of The Society of Photographic Science and Technology of Japan 69(5), 332-334, 2006-10-25 

    THE SOCIETY OF PHOTOGRAPHY AND IMAGING OF JAPAN

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018341959
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00191766
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    03695662
  • NDL 記事登録ID
    8566112
  • NDL 雑誌分類
    ZP48(科学技術--印写工学)
  • NDL 請求記号
    Z17-495
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ