国際安全規格に基づく安全性確保制度の構築に向けたわが国の課題 The System Problem of Japan toward Establishing of the Safety Measure System based on the Internationed Safety Standard

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>20 世紀後半,わが国の労働,製品および設備分野の安全性確保制度は,国が提示する詳細な技術基準を含む安全規制に基づき,民間がその基準を忠実に満たし,人による安全管理を実現することで,おおむね1980 年ころまでに高い安全性を達成したと言える.一方,欧米では,1980 年ころから,民間が自主的なリスクアセスメントを推進し,その評価結果を国や第三者機関が認証する「安全性能評価」を基本とする新しい安全規制の研究・導入が進められ,グローバルスタンダードとなりつつある.わが国でも2000 年前後から,建築や電気用品の分野で安全性能評価に基づく安全規制が開始されたが,その取組みは十分とは言えない. 欧米では安全性能評価の導入により市場原理に従って安全性を向上させる仕組みを確立したが,わが国では逆にさまざまな安全上の問題が顕在化してきた.この理由がどこにあるのかを,わが国と欧米の安全規制の変遷について歴史的検証を行い,世界一安全性の高い日本の実現に向けての課題と展望を考察する<sup>1)</sup>.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 45(5), 288-295, 2006-10-15

    安全工学会

参考文献:  5件中 1-5件 を表示

  • <no title>

    三菱総研倶楽部, 2006

    被引用文献1件

  • <no title>

    平成16年度経済産業省委託事業, 平成16年度規制対象製品の技術基準策定等調査 (製品安全規格体系の調査研究) 報告書

    被引用文献1件

  • <no title>

    平成17年度経済産業省委託事業, 平成17年度規制対象製品の技術基準の策調査 (階層的製品安全規格の整備に関する調査研究) 報告書

    被引用文献1件

  • <no title>

    平成17年度経済産業省委託事業, 製品安全の包括的基準に関するガイドライン (仮称)

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018344588
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    8542417
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ