CSRの概念とCSRイニシアチブ : ステークホルダーの安全の視点からの対応 Concept of CSR and CSR Initiative

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

<p>近年,CSR(corporate social responsibility,企業の社会的責任)への関心が急速に高まっている.CSR とは,「企業組織と社会の健全な成長を保護し,促進することを目的として,不祥事の発生を未然に防ぐとともに,社会に積極的に貢献していくために企業の内外に働きかける制度的義務と責任」と定義される.今日注目されているCSR においては,企業の持続的な発展を目的とすること,多様なステークホルダー(利害関係者)への対応を考慮すること,が特徴的と言える.CSR は,責任のレベルの観点から法的責任,経済的責任,倫理的責任,社会貢献的責任の四つに整理できる.2009 年には,ISO によるSR 規格(ISO 26000)が発行することになり,いずれの組織,企業にとってもSR(社会的責任)の実践・定着,特にステークホルダー・コミュニケーションが重要な経営課題になってくると見込まれる.本稿では,企業が実際にCSR を進めていくうえでの羅針盤ともなるCSR 経営理念・行動憲章・行動基準として「CSR イニシアチブ」の概念,考え方を紹介した.そして,企業にとってCSR イニシアチブとしての行動基準の開示がステークホルダー・コミュニケーションの有効な対策と期待されることを示した.さらに,消費者や従業員,地域社会・地球環境に対する安全の遂行は,CSR における法的責任や経済的責任,倫理的責任において重要な部分を占めており,CSR,もしくはSR を実践するうえで不可欠な要素となり得ることを指摘した.</p>

収録刊行物

  • 安全工学

    安全工学 45(5), 304-311, 2006-10-15

    安全工学会

参考文献:  8件中 1-8件 を表示

  • <no title>

    CARROLL A. B.

    Business & Society : Ethics and Stakeholder Management, 1979

    被引用文献1件

  • <no title>

    Eisai Co. Ltd.

    Eisai Network Companies Compliance Handbook, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    日本経済団体連合会

    企業行動憲章 実行の手引き, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    (株) ベネッセコーポレーション

    ベネッセ企業行動宣言 ベネッセ行動基準, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    松下電器産業 (株)

    松下グループ行動基準, 2005

    被引用文献1件

  • <no title>

    水尾順一編

    CSRマネジメント, 2004

    被引用文献1件

  • <no title>

    水尾順一編

    CSRイニシアチブ, 2005

    被引用文献1件

  • 企業の社会的責任のあり方

    山中芳朗

    電力中央研究所報告, 1990

    被引用文献1件

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018344603
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00012812
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    05704480
  • NDL 記事登録ID
    8542431
  • NDL 雑誌分類
    ZM25(科学技術--科学技術一般--安全工学)
  • NDL 請求記号
    Z14-16
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ