環境循環型エンジニアリングプラスチック Biobased Engineering Plastics

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

エンジニアリングプラスチックスにも環境循環型のものが要求される時代に入っている.エンジニアリングプラスチックスは,プラスチックスの軽量,成形加工の容易さなどの特長のほかに,強度,耐熱性などの要求を満たし,日用品から自動車,宇宙などとくに高度技術が必要な分野に至るまで幅広く利用されてきている.一方,環境破壊.資源枯渇を深刻な問題と受け止め,材料に安全性と環境循環性を付与することが課題となっている.天然由来液晶性エンジンニアリグプラスチック開発はひとつの解決法である.

収録刊行物

  • 高分子  

    高分子 55(11), 870-873, 2006-11-01 

    The Society of Polymer Science, Japan

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018345361
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00084926
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    04541138
  • NDL 記事登録ID
    8559472
  • NDL 雑誌分類
    ZP16(科学技術--化学・化学工業--高分子化学・高分子化学工業)
  • NDL 請求記号
    Z17-90
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ