Norovirus の代替指標として Feline Calicivirus を用いた手洗いによるウイルス除去効果の検討 Effects of Handwashing on Feline Calicivirus Removal as Norovirus surrogate

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

ノロウイルス (NV) による集団胃腸炎は事例数患者数ともに毎年上位をしめ, その予防対策の構築が求められている. しかしNVは現在培養系が確立されていないため, その不活化の条件などに不明な点も多い. そこでノロウイルスと同じカリシウイルス科に属するネコカリシウイルス (FCV) が培養可能であることに着目し, 手洗いによるウイルス除去効果についてウイルス感染価と遺伝子量を指標にアルコール, クルルヘキシジン, 第四級アンモニウム塩, 成分としてヨード化合物, トリクロサン, フェノール誘導体を含むハンドソープを用いて検討を行った. その結果, 流水によるすすぎのみでもウイルス量が100分の1程度に減少することが明らかとなった. 手洗い時にハンドソープを使用することにより, さらにウイルス量の減少傾向が強まったことから, 手洗いはウイルス性胃腸炎の発生予防および拡大防止に非常に有効な手段であることが示唆された.

Viral gastroenteritis caused by Norovirus (NV) mainly appears during the winter season. In fact, outbreaks and patients with NV gastroenteritis are the major cause of community disease in the winter. Strategies to avoid gastroenteritis caused by NV are thus needed. No effective method for evaluating virus inactivation and removal exists for of NV, which cannot be cultured using cell-lines. Trials using <I>Feline Calici Virus</I> (FCV; a member of the calicivirus family) as a NV surrogate have been conducted by culturing FCV in CRFK cells.<BR>By washing one's hands, about 99% of the viruses can be removed, compared with simply rinsing one's hands in running water. Washing one's hands with alcohol, chlorhexidine, quaternary ammonium, or 3 other kinds of hand soaps (containing povidone-iodine, triclosan, and isopropylmethyl phenol, respectively), was also effective for removing viruses. These results suggest that washing one's hands may be an effective method of preventing viral gastroenteritis.

収録刊行物

  • 感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases  

    感染症学雑誌 : 日本伝染病学会機関誌 : the journal of the Japanese Association for Infectious Diseases 80(5), 496-500, 2006-09-20 

    The Japanese Association for Infectious Diseases

参考文献:  13件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  7件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018346521
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00047715
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03875911
  • NDL 記事登録ID
    8538287
  • NDL 雑誌分類
    ZS9(科学技術--医学--病理学・微生物学・寄生虫学・感染・免疫学・血清学・アレルギー)
  • NDL 請求記号
    Z19-193
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ