キセノン光照射が奏効した糖尿病性皮膚潰瘍の1例 A Successfully Treated Diabetic Ulcer by Xenon Ray Irradiation

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 加藤 しおり KATOH Shiori
    • 独立行政法人国立病院機構九州医療センター皮膚科 Division of Dermatology, National Hospital Organization Kyushu Medical Center
    • 今山 修平 IMAYAMA Shuhei
    • 独立行政法人国立病院機構九州医療センター皮膚科 Division of Dermatology, National Hospital Organization Kyushu Medical Center

抄録

59歳,男性。心疾患のある糖尿病患者の左足に1ヵ月前から皮膚潰瘍を生じ,外用治療を行ったが難治であった。キセノン光照射治療を開始したところ10週間後に皮膚潰瘍は上皮化した(照射線量総計142.7J/cm<SUP>2</SUP>)。キセノン光は紫外線から可視光線,近赤外線までの広いスペクトラムを有し,800~900nmにスペクトルピークをもつ光源であり,紫外線除去フィルターを備えたキセノン光治療器は主に鎮痛やリハビリテーションを目的として使用されているが,近赤外線には創傷治癒促進作用があることが知られている。糖尿病などの合併の上に生じた難治性皮膚潰瘍に対して有用な治療選択肢である可能性が示唆された。

We report a 59-year-old Japanese male with diabetic ulcer successfully treated with xenon ray irradiation. The patient, having diabetes mellitus and heart disease, presented with a 1-month history of an unhealed cutaneous ulcer on his left foot. No treatment with topical application was effective. Therefore, xenon ray irradiation was administered. After irradiation was performed with a total dose of 142.7 J/cm<SUP>2</SUP> over a treatment course of 10 weeks, the cutaneous ulcer improved. Xenon ray irradiation has a light source ranging from an ultra-violet wavelength to a near-infrared ray with a peak at 800-900 nm. Xenon ray treatment cutting off the ultra-violet wavelengh has been introduced for the control of pain and the rehabilitation of patients with motor disturbances. Near-infrared irradiation is used to promote wound healing. This result indicates that xenon ray irradiation can be valuable for the treatment of cutaneous ulcer in patients with diabetes mellitus.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 68(1), 11-14, 2006-02-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  7件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018350975
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    NOT
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7864831
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ