薬疹の原因薬剤同定におけるパッチテストの意義 Significance of the Drug Patch Test in Identifying Causative Agents of Drug Eruptions

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

薬疹の原因薬剤同定におけるパッチテスト(PT)の意義を明らかにするために,福田の「薬疹情報第10版」に記載されているPTを施行された薬疹報告例1650例を解析した。薬疹の発疹型別,薬剤系統別,個別薬剤別にPTの陽性率を検討したところ,全薬疹症例におけるPT陽性率は55.4%であった。発疹型別にみると,感作T細胞による表皮傷害が認められる発疹型(湿疹型,多形紅斑型,ジベル型,播種状紅斑丘疹型,紅皮症型,薬剤誘発性過敏症症候群など)の薬疹で陽性率が高い傾向がみられた。固定疹型では病変部でのPTが全例で陽性であった。一方,scratch dermatitis型や薬剤性SLE,紫斑型,薬剤性天疱瘡ではPT陽性率は低かった。個別薬剤別の解析では,ほぼ100%の陽性率を示す薬剤群(塩酸クリンダマイシン,イオメプロール,ベラプロストナトリウム,塩酸メキシレチン,ジフルニサル)と全く陽性反応を示さない薬剤群(インターフェロン-<I>α</I>,トシル酸トスフロキサシン,オキサトミド,ジアフェニルスルホン,シンナリジン,メタゾラミド)が存在することが判明した。以上のような事実はPTの実施とその結果の解釈に際し,大いに参考になると考えられる。

Significance of the drug patch test (PT) was evaluated in 1650 reported cases of drug eruption. Positivity rates were analyzed with regard to the types of exanthema, categories of drugs and individual drugs. The positive PT rate in the total of 1650 cases was 55.4%. Higher positive rates were observed in the following types of drug eruptions with epidermal changes induced by sensitized T lymphocytes: eczematous eruption, erythema multiforme, pityriasis rosea-like eruption, maculopapular rash, erythroderma and drug-induced hypersensitivity syndrome. The positivity rate in fixed drug eruption was 100% when the drugs were applied to the involved skin. In contrast, the rate was low in the types of scratch dermatitis, drug-induced SLE and pemphigus, and purpura. Additionally, in the analysis according to individual drugs, it was clarified that there were two drug groups of 100% and 0% at the positivity rate. The positive PT rate was 100% for clindamycin, iomeprol, beraprost sodium, mexiletine and diflunisal, but there was no positive PT for interferon-<I>α</I>, tosufloxacin tosilate, oxatomide, diaphenylsulfone, cinnarizine and methazolamide. It seems that these findings frequently serve as a reference in performing PT or interpreting the results of PT.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 68(1), 59-63, 2006-02-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018351138
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7864939
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ