アトピー性皮膚炎の睡眠障害(睡眠時過行動)に対する塩酸オロパタジンの効果 Effect of Olopatadine Hydrochloride (Allelock^【○!R】) on Sleep Loss of Atopic Dermatitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 蜂須賀 淳一 HACHISUKA Junichi
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 小河 祥子 OGAWA Sachiko
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 國場 尚志 [他] KOKUBA Hisashi
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 中原 剛士 NAKAHARA Takeshi
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 幸田 太 KOHDA Futoshi
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 師井 洋一 MOROI Yoichi
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 占部 和敬 URABE Kazunori
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University
    • 古江 増隆 FURUE Masutaka
    • 九州大学大学院医学研究院臨床医学部門外科学講座皮膚科学分野 Department of Dermatology, Graduate School of Medical Sciences, Kyushu University

抄録

アトピー性皮膚炎の主な症状であるそう痒によって引き起こされる睡眠障害に対する塩酸オロパタジン(アレロック<SUP>®</SUP>)の効果を,痒みスコア表と睡眠時の体動状況を数値化できるActiwatch<SUP>®</SUP>を用いて検討した。3例のアトピー性皮膚炎患者を対象とし,睡眠中の体動を7連続夜から10連続夜で測定した。少なくとも3日間はアレロック<SUP>®</SUP>を内服させた。また就寝前に痒みスコアを記入してもらった。これらの測定を解析したところ,平均体動総数および体動時平均体動数と痒みスコアは有意な相関を示した。アレロック<SUP>®</SUP>を内服することにより3例中2例で有効性を自覚した。そのうち1例では痒みスコアと平均体動回数がともに減少した。もう一例では痒みスコアは減少したものの体動数に明らかな変化はなかった。一方有効性の自覚がなかった1例では痒みスコアも体動数もともに軽減しなかった。このことから夜間の痒みの客観的評価法として,Actiwatch<SUP>®</SUP>による睡眠時体動数の測定はある程度有用な方法であることが示唆された。

We evaluated the effect of olopatadine hydrochloride (allelock<SUP>®</SUP>) on sleep loss induced from itch, which is a major symptom of atopic dermatitis, by using pruritic scores and actigraphy. Nocturnal movements of 3 patients with atopic dermatitis were measured for 7 to 10 consecutive nights by actigraphy. These patients had taken allelock<SUP>®</SUP> for at least 3 consecutive days while undergoing actigraphy. Pruritic scores were described before patients went to bed. We found a significant correlation between the mean activity score and the pruritic score and between the mean score during active periods and the pruritic score. Two of 3 cases recognized the efficacy of oral allelock<SUP>®</SUP>. The pruritic scores decreased in these 2 cases, and the number of nocturnal movements decreased in one case. On the other hand, neither the pruritic score nor the number of nocturnal movements decreased in the case that did not recognize efficacy of the drug. These results indicate that measurement of nocturnal movements using actigraphy may be an appropriate method to evaluate nocturnal itch.

収録刊行物

  • 西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology  

    西日本皮膚科 = The Nishinihon journal of dermatology 68(1), 64-68, 2006-02-01 

    Western Division of Japanese Dermatological Association

参考文献:  16件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018351149
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00183881
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    03869784
  • NDL 記事登録ID
    7864953
  • NDL 雑誌分類
    ZS39(科学技術--医学--皮膚科学・泌尿器科学)
  • NDL 請求記号
    Z19-69
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ