肛門科診療所におけるSTDの経験 Infectious Anorectal Disease, including STD (Sexually Transmitted Disease)

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

直腸肛門部のSTDは最近増加傾向にあるにもかかわらず,わが国ではこれらの疾患に関する報告は少ないため,病態が十分に把握できず診断・治療に難渋する場合がある.直腸肛門部の感染性病変は3大肛門疾患に比し多くはないが,注意しなければならない種々の病変がある.筆者らの専門外来では合併症も含めると全症例中5.5%がこれらの感染症であった.疾患別頻度では真菌症が73.6%と最も多く,次いで尖圭コンジローマ12.1%,ヘルペス10.3%であった.アメーバ赤痢は2.5%,梅毒は09%と少数ながら認められた.また,AIDSの日和見感染症は4例(0.7%)と頻度としては非常に低いが,近年増加傾向にあるので,外来診療でも注意が必要である.なお,これらの感染症のうちSTDの確認は必ずしも容易ではなかったが,真菌症を除くとその比率は高く,約70%以上あることが判明した.

In Japan, though infectious anorectal disease, especially STD, is tending to increase recently, reports on lesions, including STD are very few. Consequently there are complicated cases of diagnosis and treatment. By far the most common disease is fungal infection (73.6%), followed by condyloma acuminatum (12.1 %) and herpes simplex virus infection (10.3%) in infectious anorectal lesions confirmed at our proctological clinic. Recently, amebiasis STD is increasing in Japan, but condyloma lata as syphilis has not yet disappeared. While there is a lot of interest in anorectal disease as an opportunistic infection supervened AIDS (acquired immunodeficiency syndrome) in the USA, there are few reports in Japan. However, we recently had four cases of opportunistic infections.<BR>Research has shown that contagion of condyloma acuminatum and amebiasis between the same sex and contagion of herpes are unexpectedly common among Japanese who travel overseas.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 822-826, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018351490
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ