産婦人科における経験から Proctogenic Sexually Transmitted Diseases : from the Gynecological Viewpoint

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

産婦人科の観点から,直腸肛門に及ぶ,もしくは直腸肛門に原発する性感染症について,性器カンジダ症,赤痢アメーバ症におけるアメーバ性大腸炎,梅毒における初期硬結,硬性下疳,扁平コンジローマ,性器ヘルペス,尖圭コンジローマ,ボーエン様丘疹症の概要,診断,治療を述べた.これら性感染症の治療に臨むにあたり,他の性感染症も合併している可能性を十分に念頭に置くべきである.とくにHIV感染の併発は元の性感染症を治療抵抗性にすることがあり,HIV抗体の検索は初期の段階から必ず行い,常に複数の性感染症を意識しながら治療にあたることが肝要である.

Proctogenic sexually transmitted diseases (STD) are outlined from the standpoint of gynecological management. Brief accounts, diagnosis and treatment of vulvovaginal candidiasis, amebiasis, syphilis, genital herpes, and genital warts are given. These pathogens can cause proctitis or proctocolitis in persons who participate in receptive anal intercourse. Treating one of these STDs, strong consideration should be given to the probability of other STDs. Especially in patients co-infected with HIV, the clinical course of the original STD is sometimes deteriorated.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 836-840, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  8件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ