消化器内科における経験から : アメーバ性大腸炎とクラミジア直腸炎について Sexually Transmitted Disease of the Anus and Rectum in the Department of Gastroenterology : Amebic Colitis and Chlamidia Trachomatis Proctitis

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 大川 清孝 OKAWA K.
    • 大阪市立総合医療センター消化器内科 Department of Gastroenterology, Osaka City General Hospital
    • 青木 哲哉 AOKI T.
    • 大阪市立総合医療センター消化器内科 Department of Gastroenterology, Osaka City General Hospital
    • 上田 渉 UEDA W.
    • 大阪市立総合医療センター消化器内科 Department of Gastroenterology, Osaka City General Hospital
    • 佐野 弘治 SANO K.
    • 大阪市立総合医療センター消化器内科 Department of Gastroenterology, Osaka City General Hospital

抄録

消化器内科でみる直腸肛門のSTDの代表的疾患としてアメーバ性大腸炎とクラミジア直腸炎について述べた.アメーバ性大腸炎では大多数が男性同性愛者のSTDであるとの認識が必要である.そのため他のSTDの合併とくにHIV合併の有無を検索することが重要である.内視鏡像に習熟すれば1まとんどが診断可能であるが,確定診断にに生検のみでなく,血清抗体,白苔の鏡検便検査などの他の方法も併用することが重要である.クラミジア直腸炎は男性同性愛者と女性異性愛者に発隼するSTDであるが本邦では若年女性に多い.現在は非常にまれとされているが,診断されていない症例も多いと考えられ今後の増加が予想される.内視鏡像の特徴は直腸下部のイクラ状の隆起病変であり,病理組織学的にはリンパ濾胞の増生と炎症性細胞浸潤である.確定診断には直腸擦過診によるChlamidia trachomatis抗原やDNAの検出が必要である.

This paper reports the characteristics of amebic colitis and Chlamydia trachomatis proctitis, which are representative sexually transmitted diseases of the rectum and anus encountered in the department of gastroenterology.<BR>Since amebic colitis is usually transmitted sexually among male homosexuals, it is essential to check patients with it for complications of other sexually transmitted diseases, especially HIV infection. The diagnosis of amebic colitis can be made endoscopically by experienced physicians. However, definitive diagnosis requires the combination of findings from biopsy with the results of serum antibody test, fecal tests and other examinations. Chlamydia tra-chomatis proctitis is a sexually transmitted infection encountered in male homosexuals and female heterosexuals. In Japan, it is relatively common among young females. Although it is currently considered rare overall, the possibility cannot be ruled out that there are many undetected cases of it, and its prevalence is expected to increase in the future. One endoscopic feature of it is salmon roe-shaped elevated lesions affecting the lower segment of the rectum, and inflammation of lymphatic follicles is a principal lesion in affected patients. Definitive diagnosis of this disease requires detection of Chlamydia trachomatis antigen or DNA by exfoliative cytodiagnosis of the rectum.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 841-845, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  2件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018351534
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ