まとめ : 本邦におけるSTDの概要 A Special Edition : Sexually Transmitted Diseases of the Anus and Rectum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 松田 保秀 MATSUDA Y.
    • 特定医療法人胃腸科肛門科松田病院 Department of Gastroenterology, Special Medical Corporation Matsuda Hospital

抄録

このたびのSTD特集はそれぞれ異なった診療施設での性感染症疾患の実態をまとめていただいた.診療科は肛門科,泌尿器科,婦人科,消化器科など特徴的な科を網羅している.そして思いも拠らぬほどSTDが性活動の活発な20~30歳代の若者,特に女性患者に増加し,深く静かに蔓延している実態が浮き彫りになって驚いている.従来STDは肛門科に集中しているように思っていたが,実態は第一線のクリニックでの潜在的な患者の対応が圧倒的に多いようだ.<BR>STDの概要では厚生労働省の性感染症報告によれば,疾患としては淋菌感染症,性器クラミジア,性器ヘルペス,尖圭コンジローマ,梅毒後天性免疫不全症候群(HIV感染,エイズ)が中心である.性器クラミジア,淋菌感染症が減少傾向を示しているのに対して,性器ヘルペス,尖圭コンジローマが増加傾向を示している.<BR>梅毒は全般的に男女とも年々減少傾向にあり,2001年からは男性は急激に減りはじめたが,女性はほとんど増減なしである.<BR>後天性免疫不全症候群は全体に増加しているが,男女差が開いてゆく傾向にある.<BR>ここで,統計から読み取れることをまとめてみると,(1)増加しているのは性器ヘルペス,尖圭コンジローマとHIV感染である.(2)20~30歳代の若年者においては,クラミジア,性器ヘルペス,尖圭コンジローマは女性が多く,それ以後の年齢では男性が多い.(3)15歳~20歳では淋菌感染症以外はすべて女性優位である.<BR>これらの現象の社会的背景を考えると,なによりも10歳代女性の性活動の低年齢化,性行為の多様化,複数パートナーまたは不特定多数との接触がある。<BR>今回の特集では21世紀における新しい性感染症に対する取り組みとして,具体的には常に複数の性感染症の存在を念頭に入れて精査,治療すべきであること.さらに難治性の性感染症の奥には常にエイズを疑っておくこと,が大切である.

A special edition on sexually transmitted diseases (STD) of the anus and rectum was planned by a mediator to identify differences of STD among five specific institutes such as rural clinics, speciality coloproctological hospitals, and general hospitals. According to the data of national health care authorities and author's papers, STD has become prevalent among those in their 20s and 30s, especially young women.<BR>In general, recent STDs include gonococcal infection, genital Chlamydia infection, genital herpes, condyloma ac-cuminatum, syphilis, and AIDS. Although gonococcal infection and genital Chlamydia infection have been decreasing in number, genital herpes and condyloma accuminatum have been increasing steadily.<BR>The recent tendency of STD indicates higher prevalence among young women aged 15 to 20 then men, except for gonococcal infection. Further more, not only a single infection but also double or triple infections are characteristic. STD has extended not only to the genito-anal region but also the oral cavity and pharyngeal site, so the upper or lower digestive tract should be investigated hereafter.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 846-850, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  1件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ