大腸癌術後再発に関するフォローアップ : 大腸癌研究会プロジェクト研究「大腸癌術後のフォローアップに関する研究」の検討結果より Follow-up after Curative Resection for Colorectal Cancer : A Study from the Japanese Society for Cancer of the Colon and Rectum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大腸癌研究会「大腸癌術後のフォローアップに関する研究プロジェクト」における検討結果について概説する.対象は上記プロジェクト研究参加14施設にて1991~96年に治癒切除を'行った大腸癌5,317例である.再発時期,発見動機治療成績につき検討した.stage Iでは,比較的一定の割合で5年間再発する一方,他のstageでは術後3年は高い頻度で再発を来し,その後の再発増加率は緩徐であった。術後5年以降の再発は全体の1%未満と稀であった.再発臓器の頻度では肝臓が最も多く,肺,局所の順であった.発見動機では,問診,身体検査,腫瘍マーカー検査の組み合わせが約半数を占めていた.再発巣に対して治癒切除が施行できた症例の予後はできなかったものより有意に良かったが,.再発巣切除後の予後には再発時期による差を認めなかった.今後,術後フォローアップにおける検査方法や間隔などにつき,更なる検討が必要と考えられる.

The aim of this study was to clarify the characteristics of relapse of patients followed up intensively after curative resection for colorectal cancer. We enrolled 5, 317 patients who underwent curative resection at 14 hospitals from 1991 to 1996. The relapse rates of stage I, II, IIIa and IIIb were 3.7%, 12.5%, 24.1% and 40.8%, respectively. The relapse rate in patients with stage I colorectal cancer was constant during the 5-year follow-up. On the other hand, those in other stages increased rapidly during the first 3 years and gradually for the next 2 years. The relapse rate 5 years or later was less than 1 %. As for surveillance tools, the combination of clinical visits, physical examination and tumor marker measurement detected approximately half of the cases of relapse. The earlier the relapse occurred, the worse the prognosis after curative resection for colorectal cancer. The prognoses of the patients with curative resection for relapse were better than those without resection. However, the time to relapse made no difference in prognosis after curative resection for relapse. Further studies will be necessary to validate the efficacy of these intensive follow-up and surveillance tools.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 851-856, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  9件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  4件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018351546
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ