質の高い大腸癌フォローアップシステムのために : コンピューター登録管理システム High-quality Follow-up System for Colorectal Cancer : A Computer Registration and Administration System

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

大腸癌術後再発を見逃さないためには,質の高いフォローアップが重要である.コンピューターを用いたフォローアップシステムの方法を紹介し,自験例の腫瘍学的結果を簡単に述べた.ソフトウエアは,Bor-land社のVisual dBASE(ver5.6)を使用した.大腸癌登録管理システムの構築は,データの登録編集,検索などが容易であった.重要なポイントは臨床・病理所見,最終確認日,再発の有無,再発臓器,再発確認日などを正しく入力することである.また,空白データや追跡不能例をできる限り少なくする努力が重要である.この登録管理システム基づいたフォローアップの結果は,追跡率98%で,再発時期や再発臓器の情報を的確に捉えることができた,コンピューター登録システムは,質の高いフォローアップに極めて有用である.

High-quality follow-up is important not to overlook the postoperative recurrence of colorectal cancer. We intro-duced a follow-up system using a personal computer, and briefly describe the oncologic results of our data. The software used was Visual dBASE (ver 5.6, Borland Company). The construction of this system made the registration, editing, and search very easy. An important point is to correctly input the clinical and pathological findings, the final confirmation date, the presence or absence of recurrence, the organs of recurrence and the recurrence confirmation data. In addition, it is important to try to reduce blank data and untraceable cases. The results of the follow-up based on this registration and administration system made it possible to precisely capture information of the recurrence organs and recurrence time with the follow-up rate of 98%. A computer registration system is very useful for high quality follow-up.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 869-873, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  11件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ