大腸sm癌内視鏡治療後の経過 Follow-up of Endoscopically Resected Submucosal Cancer of the Colorectum

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 津田 純郎 TSUDA S.
    • 福岡大学筑紫病院消化器科 Department of Gastroenterology, Fukuoka University Chikushi Hospital

抄録

大腸癌治療後の経過観察は,治療後の局所遺残,治療後の再発,見逃されていた同時性多発癌の発見,異時性多発癌の発見が主な目的である.しかし,大腸sm癌の内視鏡治療後のサーベイランス方法には一定の見解がない現状がある.さらに,2005年に大腸sm癌内視鏡治療後の追加治療の適応基準が改訂され,大腸癌治療ガイドライン(医師用2005年版)に示された.よって,この基準に準じた大腸sm癌の内視鏡治療後の経過の現状を文献例から解析し,適切なサーベイランス方法を求める試みを行った.その結果,(1)遺残再発,見逃されていた同時性多発癌を発見するためには,治療後1年以内,特に,3~6カ月に精密検査を行う,(2)局所再発発見するためには,治療後3~5年以内に重点をおいた検査を行う,(3)遠隔転移,異時性多発癌の発見のためには,それ以上の期間の定期検査が必要となることが明らかにされた.しかし,十分な文献がなく再発リスク別のサーベイランス方法に言及することはできなかった,今後経済効率も含めた効果的,効率的なサーベイランス方法を確立することが急がれる.

The main purpose of follow-up after endoscopic resection of colorectal cancer is to detect local residual lesion, recurrence, overlooked synchronous multiple cancer and metachronous multiple cancer. The present status of follow-up after endoscopic resection of colorectal submucosal cancer was analyzed with reference to re-ported papers to look for an appropriate method of surveillance.<BR>Results : (1)To detect local residual lesion and overlooked synchronous multiple lesion, a strict examination is to be performed within one year, preferably within three to six months after treatment. (2)To detect local recurrence, a strict examination is to be performed within three to five years after treatment. (3)It was clarified that follow-up for a longer period is required to detect metastasis and metachronous multiple cancer. However, an appropriate method of surveillance according to respective risk of recurrence was not found. A more effective and efficient follow-up approach including financial cost should be established soon.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 874-879, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  31件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

ページトップへ