早期大腸癌内視鏡摘除後のフォローアップ・プログラムに関する検討 Optimal Follow-up Program after Colonoscopic Removal of Colorectal Neoplasia

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

目的:大腸腫瘍内視鏡摘除後に新発生する癌をターゲットにした効率的なフォローアップ・プログラムについて検討する.方法:内視鏡摘除例354例について,フォローアップTCS(total colonoscopy)の回数と病変見逃し率の関係,摘除後の癌新発生率と癌新発生までの期間を検討した.成績:連続する2回のフォローアップTCSで病変見逃し率は有意に低下した.発見病変数3個以下・癌(-)群は癌新発生率が有意に低く,癌新発生までの期間も約5年と長い傾向にあった.結論:大腸腫瘍(腺腫,癌)内視鏡摘除後の効率的なフォローアップ・プログラムは以下の如くと考えられる.すなわち,内視鏡摘除が施行された例は,病変の個数癌の有無に関係なく全例,病変見逃し防止のため腫瘍摘除後少なくとも2回の連続したフォローアップTCSを行う.2回目のフォローアップTCS後に,初回内視鏡摘除時から発見された通算の病変数と癌の有無によって症例をA群〔3個以下・癌(-)群〕とB群〔3個以下・癌(+)群,4個以上・癌(-)群,4個以上・癌(+)〕に分けた.A群に対しては5年毎に,B群に対しては3年毎にフオローアップTCSを行う.

We have evaluated the optimal follow-up program after colonoscopic removal of colorectal neoplasia (adenoma and cancer), analyzing 354 cases who had undergone a colonic polypectomy and mucosectomy. To avoid overlooking lesions, we should perform at least two consecutive follow-up TCS (total colonoscopy) after the endoscopic resection of lesions. Based on our results, we advocate a follow-up program as follows. For the cases who have less than 3 le-sions with only adenoma at two follow-up TCS, we should perform one follow-up TCS every five years. On the other hand, for the cases who have less than 3 lesions with cancer, more than 4 lesions with adenoma or cancer at two follow-up TCS, we should perform follow-up TCS once every three years.

収録刊行物

  • 日本大腸肛門病学会雑誌  

    日本大腸肛門病学会雑誌 59(10), 880-884, 2006-10-01 

    The Japan Society of Coloproctology

参考文献:  14件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018351632
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00195100
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    00471801
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  J-STAGE 
ページトップへ