川崎病におけるガンマグロブリン製剤の違いによる解熱時間とCRP改善度の比較 Comparison of Time to Defervescence with Degree of CRP Improvement in Sulfonated and pH4 Treated Acidic Human Normal Immunoglobulin Treatments for Kawasaki Disease

この論文をさがす

著者

収録刊行物

  • 日本小児科学会雑誌  

    日本小児科学会雑誌 110(1), 27-32, 2006-01-01 

    日本小児科学会

参考文献:  10件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018352440
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00192248
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    ART
  • ISSN
    00016543
  • NDL 記事登録ID
    7801444
  • NDL 雑誌分類
    ZS32(科学技術--医学--小児科学・先天異常・奇形)
  • NDL 請求記号
    Z19-245
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL 
ページトップへ