「環境調和型社会」へ動き出した中国とわが国政府・企業 Green Policy in China

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

抄録

中国の環境政策は二つの省庁がそれぞれのネットワークを形成し,政策を立案・遂行している。一つは国家発展改革委員会を頂点とする中央集権的ピラミッド型のネットワークである。市場経済化が進む中,このネットワークにおいてはマテリアルフロー管理が強化され,「環境」の名の下でさながら計画経済が復活しつつある。もう一つは国家環境保護総局を中心とした市民参加型のネットワークである。国家環境保護総局は社会の変貌を認識して,政策策定方式を改革し,とくに環境アセスメントの分野において公衆の政策参加を積極的に進めている。環境保護政策の遂行において,中国において,環境保護総局,NGO,マスコミの三位一体の構造が生まれようとしている。<BR>わが国政府・企業の対中協力・ビジネスについては,環境エンジニアリング分野において次第に成果が結実しつつある。経済産業省は国家発展改革委員会と共催で,本年5月,「省エネルギー・環境総合フォーラム」を開催した。日中間の環境協力は今後次第に本格化していくものと見込まれる。<BR>こうしたBtoB型のビジネスに加え,今後はBtoC型の環境ビジネスをもっと促進させる必要がある。環境分野にすぐれた日本製品の新規市場開拓のチャンスであり,「環境」を通じて日本のイメージアップをはかるチャンスでもある。この分野において成果をあげるためには,市民参加型ネットワークの活用が不可欠である。

China is facing an increasingly polluted environment severe shortages of potable water and declining availability of arable land. As a consequence, Chinese government is now taking a series of measures to protect the environment. These measures, called green policy, are formulated and executed by two governmental ministries. One is the National Development and Reform Commission, who is responsible for controlling the material flow. The other is the State Environmental Protection Administration, who is promoting participation from the civil society for protecting the environment.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(11), 1620-1624, 2006-11-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018356175
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8565263
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  NDL  J-STAGE 
ページトップへ