欧米の環境法規制の動向 The Regulatory Framework for Pulp and Paper Mill Effluent in North America and Europe

この論文にアクセスする

この論文をさがす

著者

    • 高木 均 TAKAGI Hitoshi
    • 株式会社日本紙パルプ研究所 研究部 Research Department, Japan Pulp and Paper Research Institute, Inc.

抄録

欧米の主要製紙国の環境法規制の動向について,水環境の面から概説した。<BR>アメリカでは水汚染防止のために連邦水質浄化法のもと,化学物質管理と生物試験,生物相調査の3手法による統合的な管理がなされている。1998年制定のクラスタールールによる規制にほとんどの紙パルプ工場は適合し,汚染物質の排出量は着実に減少している。<BR>カナダでは1992年に漁業法の下でニジマス毒性規制を含む紙パルプ排水規制が成立し,1996年以降は汚染物質の排出量が著しく低下した。同時に工場周辺の環境影響モニタリングEEMを全工場に義務づけ,現在4回目の調査が進行中である。紙パルプ工場排水の水生生物への影響に関するデータを国をあげて蓄積し,影響の軽減に努めている。<BR>EUは加盟国間の協議により統一した思想で環境政策を決定し,これを参考に各国は国内法を整備し,地域全体で同じ水準の環境を維持することを目指している。水管理は2000年の水政策枠組み指令を基本に進められ,総合的汚染防止管理指令IPPCにより最適利用技術に基づく排水基準が示されている。排水規制の中に生物影響項目を加えているのは一部の国に止まっているが,産業排水の生物試験による影響評価を加盟各国で実施している。<BR>環境改善のための経済的手法としてアメリカでは排出量取引が実施され,欧州では古くから課徴金の制度が定着していて,汚染物質の排出削減に一定の効果をあげている。

In the United States, the National Pollutant Discharge Elimination System (NPDES) of the Clean Water Act is the permitting system to control water pollution. This system consists of both chemical and biological method for the assessment and the reduction of toxic discharges. The Effluent Limitations Guidelines and Standards (1998) set discharge limits for dioxins, chlorinated phenolics, chloroform, TSS, BOD and AOX. EPA is developing options to encourage effluent trading for NPDES permittees.<BR>In Canada, the Pulp and Paper Effluent Regulations (1992) under the Fisheries Act set discharge limits for TSS and BOD, and prohibit the discharge of effluents that are acutely lethal to rainbow trout. As well, mills are required to conduct Environmental Effect Monitoring (EEM) studies.<BR>The Integrated Pollution Prevention and Control Directive of 1996 is a set of common rules on permitting for industrial installations in the EU countries. The permits must be based on best available techniques (BAT) . The Reference Document on BAT in the pulp and paper industry set emission levels of TSS, COD, BOD, AOX, total nitrogen and total phosphorus to water. The waste water tax scheme has been widely adopted in EU member countries to improve water quality.

収録刊行物

  • 紙パ技協誌  

    紙パ技協誌 60(11), 1642-1648, 2006-11-01 

    JAPAN TECHNICAL ASSOCIATION OF THE PULP AND PAPER INDUSTRY

参考文献:  18件

参考文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

被引用文献:  1件

被引用文献を見るにはログインが必要です。ユーザIDをお持ちでない方は新規登録してください。

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    10018356179
  • NII書誌ID(NCID)
    AN00379952
  • 本文言語コード
    JPN
  • 資料種別
    REV
  • ISSN
    0022815X
  • NDL 記事登録ID
    8565293
  • NDL 雑誌分類
    ZP19(科学技術--化学・化学工業--紙・パルプ)
  • NDL 請求記号
    Z17-76
  • データ提供元
    CJP書誌  CJP引用  NDL  J-STAGE 
ページトップへ